04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

百五十回忌総供養祭

昨日高幡不動で行われた
『百五十回忌総供養祭』
に参列してきた。

メディアでも記事になっていまする

・読売新聞
戊辰戦争150回忌、新選組の子孫ら「供養祭」


・産経新聞
新選組隊士しのび法要 新政府軍の戦死者も弔い


・東京新聞
戊辰戦争150年 全戦没者慰霊 
土方歳三の菩提寺 高幡不動尊で供養祭


・福島民報
新選組隊士らしのぶ 戊辰戦争150年を前に法要 東京で子孫


あれだけの御子孫や関係者の方々が一堂に会しての法要はめったいないこと。
その場にいるだけで胸がいっぱいになった。

会場外にたなびく誠の旗と会津の旗
moblog_16774057[1]

moblog_4372cd18[1]

この旗を見ただけでもづでにウルウルしてしまった。


moblog_b5bc6366[1]


厳かな雰囲気の中の読経
順番に回ってきた焼香台で、私も焼香をさせていただいた。

局長のご子孫である宮川清蔵さんの祭文朗読
「あなたたちは」と呼びかけ
「私心なく誠と忠義を貫いた」と讃え
「これからも後世につたえていきたい」と力強く宣言されて
聞いている間中涙が止まらなかった。
本当に胸を打つ祭文だった。

法要のあとに行われた松平家ご当主の講演会も
会津藩と新選組の軌跡を振り返りつつ
彼らがいかに命がけで職務に忠実に努めてきたか、
朝敵の汚名を着せられてどれほど無念だったかを話されていた。
ご当主は、会津と新選組を繋ぐものは
「誠と愚直」
という言葉だとおっしゃっていたのも印象的だった。



関係者席に源さんと為二郎兄さん(ていうか副長)が!!!
お二人並んで座っておられて親しげに話されていた。
なんかすっごくうれしかったなぁ
特に、源さんがこういう席に来ているのを見てうれしくて涙が出ました~

そんなお二人と土方さん・井上さんの4人でのミニトークショーがあったのだ~~

いや~次第にはなかったのでサプライズでした。

moblog_217ebcb9[1]

土方愛さんは、栗塚さんの土方がかっこよくてそれまでのイメージを変えてくれたことや、大河の組!の時に栗塚さんと耕史くんが土方資料館でトークをした時の様子を語ってくださり
「本当の兄弟のような仲の良い雰囲気だったのが印象に残っています」
とおっしゃってた。
栗塚さんは、いまだに副長と気持ちが交錯してしまい、山南忌や芹澤さんの供養に参列したときは申し訳ない気持ちになってしまうし、松平家のご当主の前に出ると殿だと思い土下座したくなる・・・みたいなお話をユーモアを交えて聞かせてくださった。
(ホントにご当主の前で土下座して場内爆笑でした)
井上さんは、源さんの組!での印象を語り、それまであまり注目されなかった源三郎を懐の深い人物として見事に演じてくれて感謝しているとおっしゃっていた。
源さんは、当時のことを思い出しているようで、しみじみとした雰囲気で
役作りで木刀を振りすぎて腰を痛めたことや当時の熱かった現場のことを語っていた。

源さんは、ずらっと並んでいる隊士の子孫の方々のことを
「竜也の子孫やぐっさんの子孫や、オダギリくんの子孫がいらしゃって」
って言っていたのだ~
「総司の子孫や、永倉さんの子孫や、斎藤さんの子孫」
って言ってるつもりで、そういってしまう源さん!!!
容保さまのことを
「筒井君の殿のために命がけで戦っていました」
とおっさる源さん。
いまだに組!が抜けていないんだなぁ~(嬉泣)
そんな源さんが好きだああああ~


法要は厳粛に
その後のトークショーや剣舞は華やいだ雰囲気で盛り上がり
とても感動的な気持ちで終えることができたのだった。


参列者は隊士・隊士関係者子孫のほかには
勝海舟ご子孫、西郷さんのご子孫
前川邸のご当主、松本良順さんのご子孫
近藤芳助ご子孫、日野八坂神社宮司、板橋の寿徳寺の方、
山村竜也さん、新人物往来社の大出さん
栗塚旭さん、小林隆さん
日野市現・旧市長さん、議員の方々
・・・などが参列されていました。


スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

ご焼香

こんばんは!

私も、無事に参加できましたが、飛行機が遅れ、ご焼香が出来ませんでした。すっごく悔しかったです!(>_<)
いいなぁ、供養祭なのに、供養できないなんて!
でも、いいイベントに参加できて良かったです!

レクさんも、心に響く物にご参加できて、良かったですね(^o^)

それでは、これから福岡にかえります。

失礼致しました。
URL | うっちゃん #-
2017/03/19 17:06 * 編集 *

うっちゃん殿

福岡からとは・・・
本当にご苦労様でした。
ご焼香は残念でしたが、遠くから駆けつけてくださった気持ちはみなさんに伝わったのではないでしょうか。
盛大にかつ厳かな供養祭でした。
法要のあとのトークや演武も充実していて、参加できたことを心から嬉しく思っています。
URL | お疲れさまでした #ofxKis3k
2017/03/22 14:21 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4256-c459320f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top