05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

30分じゃ足りないよ~Aスタジオ

Aスタ
もう4回は全リピしているうう

あ~
ホント
いい番組や
師匠、ありがとう\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

ここで葵ちゃんもおっさっているけど
耕ちゃん、キラキラしてたもんね

それも、まぶしい感じのキラキラじゃなくて
見ている方も楽しくなるようなキラキラした輝きなのだ。
穏やかっていうか、いやされるっていうか
見ているこっちまで幸せ気分になれるような
そんな輝きの「キラキラ」

内面からの輝きなんだろうなぁ・・・

番組の最後に
「新しい自分をどんどんどんどん磨いている最中」
と言ってたけど、それが実感できるキラキラだった。

結婚して家族を得て
「再出発」
「新しい自分」

という言葉が本当に心から実感できる表情だった。


イチバンのリピはやっぱ「耳コピ話」と三宅さんのコメントのところ

ポルトガル語のLMT曲を口ずさむところが最高にセクシーで鬼リピだぁぁ

贅沢をいえば、続けて仏語の曲も聞きたかった・・・


三宅さんの

「動物的直観と表現者としてのスキルが一致している」

というコウジヤマモト評が今回のベストオブAスタジオ

まさにまさに
まさにこれ!!!
これこそが山本耕史という役者の素晴らしいところなのだ!!

素晴らしい素晴らしいとは思っていても拙者のボケ頭ではうまく表現できないけど
この三宅さんの言葉がまさにそのものずばりを言ってくれている。
そうそうそうそうそうなのだ~
まさにそうなのだ
それを言いたかったのだ

さすがは三宅さん
すごいなぁ

「俳優」ではなく「表現者」という言葉を使っているのもさすがだ!!

ジャンルやフィールドや形にとらわれない「表現者」

ヘド再再演のアフタートークの時に
ジャンルにとらわれないパフォーマンスをやっていきたいという話になり
「ジャンルヤマモト」
って言われていたのを思い出した。

そういや、
「全編英語で歌うとか」
っておっさってて、
これってヘドのことよねってうれしかったぁぁ
なんでもいいからヘドのことを耕史が語るとそれだけで嬉しくなるんだもんね

その他ツボったのは

・浩市さんの物まね

・ママのミニスカ時代

・完璧男の実は球技下手

そして

ハーレイデイト話

久々に聞いた、ハーレイ話。
やっぱ奥さんも乗せたんだ~
すごい光景だろうな
あの二人がハーレイに乗ってるなんてすげ~

そんなこんなで見どころ聞きどころ満載だったけど
なんせ30分じゃもったいない
あっという間過ぎて
1時間は欲しい
もっともっと師匠とのトークを聞きたかったもんなぁ

ホントに充実したトークだった

ありがとうAスタジオぉぉぉ~

スポンサーサイト

カテゴリ: 髑髏城の七人

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4249-125f55f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top