04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

完結編 磐音語り~殺陣の巻(1)

殺陣シーン満載でどれもすごいものばかっかしだったなぁ。
もちろん、最終決戦の赤の軍団との戦いはベストワンだったが
もうひとつ凄かったのが鈴木清兵衛達との対決シーンの殺陣。
この2大殺陣シーンは凄かった。
迫力、スピード、技、キメ、すべてが凄かった。
凄かったしか言えんのか(あはは)
ボキャ貧でスンマセン^_^;

何度観ても
「ああすごい」
と唸ってしまう。

そんな殺陣語りをちょこっとウザく始めまする。

・まずは道場にて定信さまとのお手合わせシーン

黒着物に黒袴
カコエエなぁ
で、微動だにしない構えの磐音さま
まさに剣豪でござる。

ここはなんたって足の動きにうっとりじゃ
足運びに無駄がないんだもんね。

さすがだぁ


・同じく道場にて
鈴木清兵衛たちとの初対決シーン

はじめはメイクでわからなかったが
よくよく見ると清兵衛さんは山口馬木也さんじゃないのさ~
(馬木也さんは2010年の陽炎SP海の母でも佐江傳三郎役で出演されていた)
上手いはずだよ!!
耕史くんも馬木也さんも激ウマだからこそのあの殺陣なのだ~

真剣を片手で止めるって相当な腕力と度胸だ!
かっけ~~~

清兵衛の喉に竹刀を突きつけた時のキメ顔が
めっちゃ決まっててシビレルううううううううう

そのキメ顔の直前に、刀を払ったあとに顔をわずかに下げて刃をよけるところがめっちゃ好き


・田沼一派に襲われる佐野善左衛門を助けるシーン

黄色い月、キタ~~
おなじみの音楽もキタ~~

もうバッシバシやっつけていくのが見ていて爽快じゃ~
今回はウケテウケテ最後の一撃で倒すというより
バシバシやっつける感が強いし
相手の刀を回すように払って倒す殺陣が多い。
居眠り剣法も進化しましたなぁ・・・

チラチラ見える太ももに萌え
バシッと決まってポージングしてる時の後ろ姿に萌え
そして、振り返りつつの納刀がカッコイイ~


・赤い軍団との初対決

何者やねん
カンフーみたいな、忍者みたいな、
弓ありカマあり、太刀あり、槍あり、鎖ありで
とにかく武術の質が全然違う軍団との戦いだから
サムライ同士の一騎打ちとは違うスピード感があって凄い。

敵も回るから磐音さまも回る回る!
もうくるっくるっすよ

動きが激しいからポニテも激しく揺れて
それがまた色っぽい。ふふふ

いつもより大股開きになって踏んばるから、
よけいに色っぽい。ふふふ

跳ねる、回る、よける、踏んばる
いつもの殺陣とはかなり違う動きをしている磐音様
そのスピード感たるや、過ごすぎて・・・
コマ送りしないと一手一手が見えないほど。

でも、こんなスピードの中でも、いちいちのキメ顔があるし、
足の角度や返す手の美しさがちゃんとあるのが素晴らしいのだ。

ほんと凄いしか出てこない、凄いぃぃぃ~

スポンサーサイト

カテゴリ: ・山本磐音

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4189-13802989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top