04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

「総裁、この戦、勝てる」

真田丸第43話も本当におもしろかった。

軍議のワクワクさといったら、もう
あのままいったら勝てたかもなぁ・・・

今回は、もちろん真田丸として面白かったのだが
いっぽうで、組!!を何度も思い出させてくれた。

組!!の総裁と副長のやりとりや軍議の場面と
ダブルところが何度もあって、ウルウルしたもんなぁ・・・


幸村殿が又兵衛殿に向かって

「死に場所を求めにやってきた」
「武士らしく死ぬということ」

と言った場面では

組!!で総裁が副長に向かって

「あんた、死にたいんだろう? 
1日も早く戦でさ」

「いろいろ御託を並べちゃいるが、
要は死に場所を求めているだけだ」

と言った場面とかぶったし


幸村殿の

「城は大きければ大きいほど、
どこかにほころびが生じる」

という言葉では

組!!の

「兵が多ければ多いほど、
軍勢が広がれば広がるほど、
小さなほころびは見えにくくなる」

という副長の言葉を思い出した。


家康の首を取った後で秀忠軍を挟み撃ちにする策は
副長が全軍の背後に回って富川の本陣に突っ込み、参謀黒田の首を取り、
すぐに取って返して、背後から敵を切り崩し
その時榎本軍が五稜郭から攻め出てる
・・・というサンドウィッチ作戦をほうふつとさせた。

「これがあんたの好きなサンドウィッチだ」by 副長


そして

そして

幸村殿の

「私は、勝つためにここへやってきた!」
「私は本当に負ける気がしないのです」

のくだりでは、組!!のあの場面を思い出した

「総裁、この戦、勝てる」

と副長。

「生きるための戦いだな」

と応える総裁。

「ああ、生きるための」

と返す副長。


ああああああ・・・
あの時のカッコよさといったらもう

あの副長を思い出すと
うおおおおおお
と叫びたくなる、今でも、そしてこれからもずっと。

・・・・

・・・・・・

・・・

そんなこんなで、いろんな思いがめぐった回でした。

来週はいよいよ真田丸築城だぁぁぁ

スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4123-0a1ee95a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top