05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

416年越しの凱旋(2)

そしてパレードは市街地へ

今度は広めの歩道付きの道路2車線だったので
沿道を埋めた方々は3重にも4重にもなっていた。

着陣場所まで延々と続く人の波
人の多さとパレードのボルテージの上昇からか
歓声が大きくなっていった。

沿道を埋め尽くす、人人人

次々に上がる歓声また歓声

本当に大盛り上がりで、沿道のみなさんのテンションがどんどん上がっていくのがわかった。
熱かったなぁ、ホント。

掛け声は

「治部殿~」

「三成さま~」

「治部さま~」

といった歓声が主流だったが

中には

「石田さま~」

もあり

「治部ううううう~」

もあった。

小さい男の子が、
「佐吉~佐吉~」
と叫んでいた(笑)

ごくレアな歓声としては

「耕ちゃ~~ん」

ってのも聞こえたし(笑)

おじいちゃまが

「さかざきいわね~」

と叫んでいて
「いや違うだろ、ここでソレは」
と思いつつめっちゃウケました(笑)

あはははは~

きっと、あのおじいちゃまは陽炎の大ファンなんだろうね
よかったっすよね、お正月時代劇で復活だから。

治部さまのお姿を見ながら
思わずこぼれたみなさんの言葉が熱かった

「かっこいい~」
「きゃああ~」
「きれい~」
「すごい~」
「ジブだ~」

そして通り過ぎた後も皆さん興奮冷めやらずといった感じで
口々に
「かっこよすぎる」
「ナニアレ、カッコいい」
「本物だった」
と言っていた。

今回、歓声は女性の方々はもちろんだったけど
思った以上に男性の方々の声が多かった気がする。

太い声で

「ジブさま~~~~」

と叫ぶのが途絶えることなく聞こえていたもんなぁ

「なんやあれ、かっこよすぎや」

と大きな声でおっさっている男性の方がいた。

そしてすぐ隣で見ていたお父さんと男の子の親子。

お父さんがめっちゃテンション上がりまくってて
「見た!?見た
あれ、本物だよ本物
本物の石田三成、本物本物」
と子どもに語っていた。

ホントは本物じゃないけど
でも本物だったもんね!!

まさに熱狂で治部さまを迎えていた沿道の人々。

途中で止まって、勝どきを上げていたり
ゆっくりと一回転してくれたり

治部さま、すばらし~~~

そんな熱狂と勝どきのせいで、まさに凱旋パレードそのものだった。

これって、

関ヶ原で西軍が勝って
治部さまが凱旋し
それを熱狂で迎える領民

みたいで・・・
いや、まさにそのものだった。

416年の時を経て、西軍勝利の凱旋ができたような気がして
なんか感無量だった(涙)
そう思ったら、涙が出て来た。

あんなにも豊臣家のために尽くした治部さまなんだから
この別次元の世界では凱旋したっていいじゃないか~



パレードの写真はデジカメの調子がイマイチでほとんど撮れなかったので
一眼レフ持参の友に託したのだが・・・

こんな惜しいショットが(あはは)

ぱれ2-2

魅惑の背中は撮った
ぱれ3-1

ぱれ4-2

そして

なんでこんなん撮ったんだろうっていう1枚

いくらうなじ&耳好きだからって、これは(笑)

ぱれ5-2


スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4107-dc45118a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top