04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

とりとめないマハゴニー語り(3)~マハゴニー曲の魅力

マハゴニーのオペラ版を聴く機会があった。

聴いてみて思った

このオペラ曲をあんな風にアレンジできるなんて
スガさんは天才だ!!!

そして

そのアレンジの難曲を完璧に歌いこなしていた
キャストのみなさんも天才だ!!!

と。

そう考えると、チームマハゴニーは天才的な音楽集団だったのだ
凄いはずだよ、まったく。


マハゴニー曲は、観終わってすぐというより
なにげない日常でひょこっと現れるのだ。

それもワンフレーズがヌオっと浮かんで
延々とリフレインし始める。

なんだろう、この突発性は。

♪すべてが~まぼろし
すべてが~いつわり♪     ♪大事なのは頭の回転♪

♪このマハゴニーに現れた~♪    ♪およびじゃないのさハリケーん♪

などなど

死んだらソングなんてしょっちゅう浮かぶ

♪死んだらすべて終わりだ~♪

♪死んだらそれまでさ
ダレも助けちゃくれない♪

の2種が混じって、わけわかんなくなる。

曲の途中のフレーズが浮かびエンドレスにリフレインする。

裁判シーンなんて、あの超絶カコいいイントロだけが延々とリフレインしたり

♪今だかつてこんな~残虐な行為が~あっただろうか♪
というワンフレーズだけが耳元で鳴り続ける時もある。

残念なのは、歌詞が正確なのかどうかイマイチ確信がもてないことだ・・・

(※記事に書いている歌でパンフに載っている歌詞と動画などで流れる曲の歌詞以外は、自分の記憶の中での歌詞なので正確じゃないかもしれません)


そんなこんなで、今も憑りつかれているいるマハゴニー曲

メロディラインがなんとも予測不能な流れで微妙に不安定な気分になる。
不安定で、でも居心地が悪い一歩手前で美しく流れていく感じ。

もう一音、もう半音違っていたら明らかに居心地が悪く不快になるだろう、
その境界にあるメロディライン

心地よさと心地悪さの境界にあるようなメロディ

愉快だけど不安
胸騒ぎがするけど楽しい

マハゴニー曲のおかげで
「人間が美しいと感じるメロディというのは、こんなにも幅があったのか」
と気づかされた。

それがマハゴニー曲の素晴らしいところ。


マハゴニー曲はどれも印象的で全部好きだが、
私的なベスト5を選ぶとすれば

ダントツ1位は「暗闇の朝」

もうぶっちぎりっすよ
この曲は!!!

ワタシの中では大きすぎるほど大きい存在


2位は死んだらソングの暗いバージョンの方

♪金を持たせてもいい 墓を掘ってもいい
穴に捨ててもいい 土に埋めてもいい
でも死んだら救えない♪

この重さ、この救いのなさ
ちょっとホラーな感じもあって好きだぁぁぁ~

♪あいつを褒めたたえてもいい
あいつのこと忘れてもいい
あいつに晴着を着せてもいい
でも死んだら救えない♪

この暗さ、この憂いが好きだぁぁぁ~

♪死んだら全て終わりだ♪

ラストの畳みかけに圧倒される~
ただただカッコイイ

騒々しいほどの音のランダムさがいい


もう1つの死んだらソングも陽気で好きだが
この暗い方が歌詞も酷くて無残で好きなのだ~


3位は「ベナレスソング」

ただただ美しいハモリにうっとりするのみ


4位は「愛しいジェニー」

ひたすらロマンチなラブソング


5位は「俺の人生訓」

死刑台で歌うこの曲
シャウトするコウジボイスにシビレル
処刑に向かう人間の慟哭、恐怖、悔恨、悲惨さが彼の声に乗って伝わってくる。


アラバマソングはもちろん好きだ。
ボウイ様でさんざん聴いていたから、アンニュイな声に馴染みがありすぎるのだが・・・
マルシアさんの迫力ボイスバージョンも好き。


マハゴニー曲の最大の特徴は、
さんざん聴いて頭に残り、頭の中では再生できるのに
いざ口に出して歌ってみると微妙に音がとれず、別物になってしまうことだ。

不安定で難解で難曲なのに、いつの間にか心に住みつく
住みついて曲自体が自己主張し始める

・・・それがマハゴニー曲の魔力なのだ。



「乙女の祈り」
ってワタシの中では
「ピアノのレッスンで、エリーゼのためにが弾けたら
次はこれかな」的な曲でしかなかったのに・・・

こんなにもオシャレで洗練された遊び心のある曲にしてしまうなんて
やっぱスガさんは天才だぁ~

スポンサーサイト

カテゴリ: マハゴニー市の興亡

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4088-995a3863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top