05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

マハゴニーのムフホポイント

マハゴニーの感想は日々変化している
見えなかったものが見えてきたり
掴めなかったものが掴めた気がしたり

ばらばらになったパズルが2部の後半からどんどんはまっていく
・・・そんな印象があるのがワタシのマハゴニー

内容は暗く絶望的と思いきや
案外あっけらかんとしていて
突きつけられたものを心地よく受け取れる
・・・・そんな気持ちになれるのがワタシのマハゴニー

いろいろ書き散らかすつもりだが
まずはワタシらしく、しょうもないツボから(笑)

ツボというよりはムフポイントかな

観ていて「ムフ」とか「ムハハ」とか「ムホホホ~」ってなる瞬間があるのだ。



ワタシが最大にムフムハムホホ~となるのは決まってあそこだ。

あのエロシーンを終えて、薄暗がりの中を地下通路へはけていく2人

なんつうか、あの時のジムとジェニーには
そういうことが終わった後のけだるさがあって
それが薄暗がりだからよけいに妄想をかきたてて

なんかいやらしすぃ~のだよ、明智くん(笑)

単に暗がりの中を歩いているだけかもしれないけど
アタスには、けだるくて淫靡な雰囲気に見えてしまうんだす。

ああいうシーンの後ってのもあるけど
ちょっと疲れた感じてよろっとしてるのも、ムフフ
今までに映像でいろんな濡れ場を見てきたけど、
こんな風に生々しく感じたことがなかったなぁ・・・

ムフムハムホホホ~~~




2部のボクシングシーンで

♪必要なのは頭の体操~~♪
とか歌いながら、ジョーの両肩をつかんで
リズムに合わせてステップを踏んで回ってるところ

この時のジムたんが可愛過ぎて死ぬ~~

ぴょんぴょんしててキャワエエのなんのって

この場面の前になると
「来るぞ来るぞ~ぴょんぴょんジムたんが来るぞ~」
ってワクワクすんのよ

もう、あまりの可愛さにムホホ指数がマックスじゃ~





1部で車の上で歌うジムたん

マイクを持って登場して
「チップをはずむぞ
聴いてくれ」
って言いつつボンネットへ上がり、
♪雪の降るアラスカで♪
と歌いだす

この登場からの歌いだしが
ライブみたいでカコエエったらありゃせんのじゃ
マイクさばきがあまりにもカコエエんだもん

ライブハウスのボーカルスターみたい
カコエエよぉぉぉぉ~~

ここはムハムホムフっていうより
ヒャッハァ~だな(何)




同じく1部で

銃のあとでナイフを出すジムたん

このナイフの出し方があまりにも素早くて
電光石火とはこういうのを言うんじゃ~

ムハ~~~

この後のナイフさばきのすごさよ
めちゃくちゃに振り回しているっていう場面なんだけど
とにかくナイフを振り回すスピード感がすごい

で、素手よりもナイフを持ってると
カッコよさが何割増しになってる。

刃物持たせると映える男
武器を扱うとシビレル男

ムホ~~~~~




そして最大の萌えポイントは
きっとジムファンの誰もがそうだと思うけど

車のトランクの中の天使~~~

ムハ~~~フホ~~~

あの可愛い寝顔
いや、ホントは気絶してるんだけど

なに、あの美しくもいたいけな絶品の寝顔は

可愛くて可愛くて
あどけない幼子のような
穢れを知らぬ、まさに天使の寝顔

いつ見てもうっとりしてしまう

そして、あまりに天使過ぎて涙さえ出てしまう

ヒゲ面の男の寝顔を見て
こんなにも神々しく美しく切なく、そして可愛く感じるなんて
アタスはどうかしてるのか~~
いやしていない!!

だって、あの無垢な可愛さだもん
可愛いってだけじゃなく、無垢なんだもん

あれを天使と言わず何を天使と言ったらええんじゃ~~~

うっとり見とれていると、うっすらと目を開ける

これがまたキャワエエですねん

ムハ~~~~~~~~~

で、歌いだすとあの名曲であの声でっしゃろ

♪アタシ死ぬわ!!♪

ワタシはいつもあそこで殺されてます。

スポンサーサイト

カテゴリ: マハゴニー市の興亡

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4066-8625af7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top