04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

マハゴニーアフタートーク第1夜(3)

市民席についてどう思うかと聞かれたジムヤマモト

「そんなに気にならないんですけども・・・
最後に(デモのところで)参加させるのはおもしろいなと」

「昨日なんかデモ隊の真ん中まで出てこられた方がいて
プラカードをこうして(上下して)すごくテンションが上がっていて」

おっ、いいな~~それ!

「僕はあの場面ではデモ隊を見ているんですけど
初日に見たらすごく人が多いな~って!
いつものキャストの1.5倍くらいの人がいてびっくりしました(笑)
普通の服装だと(キャストなのか市民席の人なのか)一瞬わかんないんですよね」

あはははは~
確かにそうだ。

「(市民席の人と)一緒に舞台に立っていて
最後にステージを共にするっていう
今までにないような不思議な感覚です」


「ステージを共にする」ってエエ言葉やな

ほんにそんな感覚やったで。
一瞬、自分が出演者側に思えたあの感覚が忘れられないもんなぁ



トークのシメはそれぞれ観客へのメッセージ
(かなりうろ覚えなのでだいぶ端折ってます(^^;)

スガさんは

「毎日違うので何度でも観にきてください」



ジムヤマモトは

「普通に舞台として楽しめるし
でもいろんな楽しみ方ができるんで
音楽を聞きに来る方もいるだろうし・・・
いろんな見方ができる舞台です。」

「僕も毎回感じ方が違うっていうか
ジムっていう人は人間なのかどうなのかもわからない
(と感じる時があるし)
欲望の塊のような、そうでないような・・・

とにかく毎日違うので、お帰りにまたチケットを買ってリピートしてください(笑)」

「人間なのかどうなのか」

おおおおおわかるううう
その感じわかるうう

(中日過ぎたあたりで、がっつり感想も書きたいのだが・・・)

ジムが果たして本当に生きている人間だったのかって思うときがあったもんね。
その存在の危うさっていうか・・・
そもそもマハゴニー市民たちは現世と地獄の境目にいるような、
確実なものはなにひとつない世界のような気がしているのだ。

白井さんは、このマハゴニーはメッセージ色が強くて
当時はナチスも劇場を取り囲んだり、上演禁止にした作品であり
1920年代の世相を反映した作品なのに、幸か不幸か今の時代にマッチしている~
みたいなことをおっしゃっていた。

十分現代の物語として通じるもんなぁ
人間の根本は変わらないのか
それとも
今の時代が1920年代の不気味でおそろしい時代と似ているのか

さらに白井さんは
「でも、メッセージ色はつよくても
エンターテイメントとして楽しめる作品です」

最後にジムヤマモトが、

「きれいな曲にひどい歌詞がついていたり(笑)
普通は最後の曲なんかハッピーな曲で盛り上がるのに
「死んだらそれまで」なんて歌ってるんですから(笑)」

と。

プロフェッショナルトリオのなごやかなトークショーでした。


まだまだ楽しいトークはあったのだが、これくらいしか覚えていない(^^;
すまんです・・・
でも印象に残ったキーワードを中心に思い出しながら書いてみました。
(また仲間内で思い出したことを教えてもらったら追記しまする)


ほんとにゆるやか~な雰囲気で楽しいトークだった。
話の内容は濃いし、何よりもみなさんチャーミングで素敵でした~~
(^_-)-☆(^_-)-☆(^_-)-☆

中でも、上手の市民席に背を向ける形で座っている耕ちゃんは
それを気にして、何度も振り返って市民席のみなさんに手振っていた。
その顔がめっちゃカワエエ~~~

そのたびに客席に大うけしていて、
さらに振り返る耕ちゃん
手を振ったりお辞儀したり・・・
ウケると何度もやるのよね(笑)

昨日その上手市民席にいた友によると
「振り返ってにっこりしながら手を振ってくれるコウジヤマモトに堕ちた。
ヒゲ面なのに可愛すぎてもう~~~」

と興奮していました。

キャワエエなぁ~~


スポンサーサイト

カテゴリ: マハゴニー市の興亡

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4061-43c7a019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top