10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

MEMPHIS CD

New Entries

MAGNUM1031

メンフィス

マハゴニー市の興亡

HEDWIG

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

Links

RSS Field

SOZAI

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

マハゴニーアフタートーク第1夜(1)

マハゴニー公式に舞台写真がアップされた!

写真を見ると、よみがえってくる
ジムの歌声、、ジムの肉体、ジムの・・・


昨日は、いや、昨日も素晴らしかったマハゴニー
毎日でも訪れたくなる街、マハゴニー

どんどんボルテージが上がり
ますますジムの歌声に情感がこもり
聴いていて泣けてくる時もある・・・

そんな魔力と魅力の街マハゴニー


昨日は終演後にアフタートークがあった。

記憶力が低下しているんで、あまり良く覚えていないのですがちょこっとレポなど・・・

※例によって言葉は正確じゃなくて、こんなニュアンスのことをオッサッていた程度です。
おもに耕史くんのトークを書きますが、それもトークのほんの一部だけっす。
うろ覚えです。そこんとこヨロシクです


今回のトークはMCの方が演劇ライターの方だったので、

短い時間でもツボをおさえた質問ばかりでヨカッタ\(^o^)/

まず
「主演のジムマホニー役の山本耕史さんです」
と紹介があって、ジムたん登場。

見た目はジムでも、やはり表情がいつもの耕ちゃんだから
ふわっとしてて穏やかな顔のジムたんが新鮮!!

スガさん、白井さん・・・と、お二人も次々に紹介されて御登場。

スガさん、片手にビールらしきものが入ったコップを持ってる(笑)
何度も客に見えるように人差し指でスガさんのコップを指さす、ジムヤマモト。
そのたびに客席から笑いが・・・

スガさんによると

「こういう場は慣れないんで
これは気つけに」

だそうな

あっはははは~
ビール片手にアフタートークに出て来た方は初めて見たっすよ(笑)

そんな和やかな雰囲気でトークが始まった。


まずは、7公演終えての今の気持ちは!?

ジムヤマモト曰く

「毎回やるたびに違うのでスリリングな作品」

「なんていうのか、毎日やっていてもこなれていかない感じなんですよね。
それが逆に魅力かな」

「いろんなことにトライしていて
やる方もたいへんなんですけども
毎日が新鮮で、毎回生きてる感じがします」

「生きてる」
って言葉が象徴的だったなぁ
舞台に立ってジムマホニーとして生き抜いている感じが伝わってきた。


スガさんは、毎日楽しいけど悪乗りし過ぎて白井さんによく怒られるそうな(笑)

「よく怒られるんですけど。
悪乗りが大好きなんで」

とスガさん、いたずら小僧みたいでチャーミング

そんなスガさんをニコニコしながら見ていてジムヤマモトがひとこと

「パッとみるとチンピラにしか見えないでしょ」

あっははははは~~

楽しそうな2人じゃ~(^_-)-☆

すごいプロ同士の2人のこの雰囲気!!

そこへ、めっちゃまじめな感じで白井さんがトークを始めるから
なんかウケた~~~

「この劇場でしかできない作品」
にこだわっておられる白井さん

「今回も贅沢に使わせてもらってます」
と。

舞台の奥から先頭までで50メートルもあるんだそうな

そそそそそんなにあったのか~~
市民席の時に休憩時間に舞台のいちばん奥まで行ってみたが
歩いても歩いても、
「まだ奥があるまだあるまだある」
ッテ感じだったもんなぁ・・・

昨日は2階席から見たので、前の席ではわからなかった舞台の奥行きを感じることができた。
ラストのデモ隊登場シーンでは、ものすごく奥深いの霧の中から現れる感じに鳥肌が立たったなぁ


話題はマハゴニー曲の話になり

「いろいろやっちまってます」

とスガさん。

「やっちまってる」って言い方がツボるううう

「今日も休憩中に(白井さんに)怒られました(笑)
「ぼく、いろいろいやりたくなってくるんで
その時のフィーリングでいくから」

毎回違った演奏になっていくとのことで

「それも魅力なんですけど
歌い手の気持ちになったらたいへんですよね」

白井さん。

「あの難しい曲を歌いこなしている耕史くんはすごいです」
と白井さん

「奇跡です!!」とスガさん。


それを聞いていたジムヤマモトは

「むずかしいですよ、ホントに。
お客さんにはどう聞こえているのかな
やっぱ難しく聞こえますよね」

「あの手拍子にしたって簡単にはできないでしょう」
「あの手拍子はカッコイイけどできない
僕らも歌いながらやるのは難しいですもん」

あの例の「ンタ ンタ ンタタ ンタ」のことですな。

微妙なタイミングの裏打ちだから
気を抜くと表打ちになってしまうんだよなぁ

カテコであの♪死んだらそれまでさ♪をやった時のことっすね。

「あ、でも、今日の2階のあの辺にいた方は完璧にできていました」

と下手の2階席のいちばん端を指さすジムヤマモト

客席がウケて笑うと

「ぼくちゃんと見てるんですよ、そういうとこは」

とドヤ顔でおっさっていた(笑)

さすが人間観察の巧者コウジヤマモトじゃ!!


スポンサーサイト

カテゴリ: マハゴニー市の興亡

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4059-0c169418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top