04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

マハゴニー市民席(2)

市民席のオイシイところは上演中だけではなく
休憩時間にあり!!!

舞台上に上がれるのはマハゴニー市民だけ。

市民席はマハゴニー市民としてそこにいるので
休憩時間にも舞台の上をいろいろ歩き回れるのだった。

舞台の奥の奥から一周してみた。

舞台の奥は恐ろしいほど奥まっていて、暗くてなにもない空間。

舞台の前方は、ピンクのキャデラックに酒瓶わんさか
後部座席には毛皮やバックが置いてあるし
その周りをカラフルな小道具がいっぱい。

市民席に一緒に座っていた友と車を見ながら
「本物のシボレーかな~
しかし、こんなピンクのがよくあったね」
などと話していたら、突然後ろから
「中古を買ってピンクに塗ったんですよね」
という声が!!!
振り返ったら、白井さんが目の前にいらしてて
いろいろ説明してくださってビックリだったぁぁぁ~

ああして休憩時間にいろいろ話しかけたり質問に答えているのは
昨日が初日だからだったのか
それとも、
毎回ああして休憩時間にステージ上にいらっさるのか
それは何とも言えませんが・・・

白井さんからじきじきに車の説明を聞けて、感激しました~

ボンネットが思ったよりも狭く、斜めだし、けっこうツルツル感もあるし
(触ったりはできなかったので見た目の印象ですが)
「こんなところに上がってよく歌ったり動いたりできますね」
と白井さんに言ったら
「そうなんですよね
滑り止めを塗っているわけでもなく、
この上でいろいろやってもらっているんですよ」
とお答えになってくださった。


小道具の酒瓶をひとつひとつ見ると、お酒の種類も銘柄が全部違っていた。

ジンあり、ウォッカあり、ウィスキーあり、
バーボンあり、シェリー酒あり

ワタシの好きなジンのゴードンもあり、シェリー酒ではティオペペがあった。

もちろん、本物の酒瓶ではなく小道具なのだが
1本1本作りこんであるのがすごいと思ったなぁ

こんな風に、マハゴニー市民席は面白かったし楽しかったし・・・

何よりも『マハゴニー市の興亡』という舞台の奥行きと
役者さんたちの素晴らしさを多角的に感じることができて
ほんと楽しかったですうう\(^o^)/


市民席ではこんな市民憲章をいただきました。
1473483211072.png

市民席の注意事項と
裏には舞台の市民席の位置が書いてあるものでした。
スポンサーサイト

カテゴリ: マハゴニー市の興亡

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4051-570fa778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top