08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

三成語り 第34話(4)

蟄居を申し渡される治部殿。

それを聞いている時の斜め横顔が本当に美しい

「謹んでお受けつかまつりまする」

と神妙に頭を下げる治部殿を見ていたら
『薄桜記』で典膳さまがお家断絶を申し渡されるシーンが浮かんだ。


虎之助を側へ呼ぶ時の目配せが好きだぁ~

雅さまでもあったな、こういう目配せ。
無言で側へ呼び寄せる時にやるんだが
なんか色っぽいのだ。


虎之助との密談
微妙に動く口元が色っぽい
影と影になっている2人の近づいた顔に萌える。

ここでいったい何を告げたか

あだこだといろいろ妄想しちゃってます

たぶんこうだろう
きっとそうだろう
もしかしてああだろう

などなど・・・

これが明かされるのはみっちゃんが旅立った後なんだろうか・・・

いやだいやだいやだ


「今生の別れだ」

この声が治部殿にしてはすごく甲高い。
今までこんな甲高い声をだしたことはない。

どういう感じなんだろうか。

なんかちょっと不自然に感じるほどの声で
裏があるのか~などとかんぐってしまった。

わざと声を張り上げて別れを告げて
もう二度と戻らないと世間に知らしめ
実は・・・
・・・みたいな深読みまでをしてしまう

それとも、ただただ別れの言葉をきっぱりと言っただけなのか・・

何度もリピしていると、いろんな考えが浮かんでしまう
見過ぎじゃね!?(あはは)


最後の復活治部さまは、ただただカコエエ~~

身体を折って頭を下げている後ろ姿
この後ろ頭を見ただけで

おおおおおお
キタキタキタあああああ~

っとワクワクし

「これで良いのだな、治部少輔」

と言われて頭を上げた瞬間に

おおおおお
立派になって帰ったっきたぁぁぁ~
治部殿、キタあああああ~

とテンション上がりまくった。

いつもの治部ルックじゃない着物も新鮮じゃああ~

「万事、この治部にお任せあれ」

うおおおおおおおお~
かっけ~~~~~~

治部殿、なんかバージョンアップしてるううう

カメラ目線で言うから、自分が言われた気になったっすよ
でへへへ~

雷鳴とどろき
稲光が走り

いよいよ復活した
治部さま、最強~~~

西軍必勝~~

めっちゃワクワクしたもんね

だって、源次郎さんが家康さまにガツンと言い返し
待ってましたの直江状が来て、
片桐さまの逆襲・・・と
畳みかけるような反撃の場面が続いたあと
最後の最後で復活治部さまなんだもん。

そりゃもう、ここまででもテンション上がりまくってて
さらに治部復活でテンション最高潮までいったぜい!!

ワクワクしまくって、こりゃいけるで
関ヶ原、勝つで~
金吾さえ見張るっていれば(あはは)

そんなこんなでテンションダダ上がりで
イケイケモードだったのに
予告の治部刑部を見て、胸が張り裂けてしまった。

もうジェットコースター大河よのう

泣いたり、胸が締め付けられたり
萌えたり、悶えたり
テンションマックスのあとに一気に悲しみがやってきたり

見ているこっちも、喜怒哀楽がめまぐるしいぃぃぃ
ウギャァァァ~~~

・・・・

・・・・

・・・・

っと

三成語りはここまでとして・・・

あれですよね
治部殿が弘前のトークショーで、女性に好かれていないことがわかるシーンがあって
「女性には笑顔を向けてにこっとした方がいいんだなぁというのを
治部から学びました(笑)」」
みたいなことをおっさっていたが、今回の茶々さまのシーンのことだったのかな!?

「あまり好きではありませんでした。
石田治部のことですよ
何を考えているかわからないんですもの」

って、茶々さまがおっさったから。

でも、源次郎さんがちゃん

「一度心を開き合えばあれほど分かりやすい方はおられませぬ」

とフォローしてくれてて
嬉しい~~\(^o^)/

源次郎殿は、治部殿が泣いていると
「太閤殿下は見ておられます」
って言って慰めてくれるし
フォローしてくれるし
いつのまにか治部殿にとってなくてはならない人になっていたんだなぁ・・・

家康の誘いをきっぱりとはねつけるシーンもすげ~カッコよかった!
あああ、ホント、ものすごく頼りになる男だ。

源次郎さん、どんどん周囲の者を追い越していくな~
その成長ぶりの凄さを実感した回だった。

そして、景勝&直江の上杉主従が魅力的過ぎて
もう、コノヤローな感じだった(笑)
直江状を読んでウケテいる景勝さまがきゃわい過ぎて・・・
みんなのアイドル状態だった。



スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

三成語り

レクイエムさま、

レクイエムさまの三成語り、最初のころは山本三成の座りかた、横顔のライン、場面に登場するときの表情、後ろ姿、足1つ、とーっても細かく語っておられました。
その細かさを映像を思い出しながら読むのが私の楽しみでした。
最近はどちらかというとそんな細かいところから話事態に語りが移っていって、それもまた読んでて楽しいです。おもしろいというか…
それだけ山本三成の登場がふえてきたということですよね。
でもあともうちょっとで姿を消してしまうのかと思うととても悲しい…
他の役でちらっとでもでてきてくれないかな~なんて思ってしまう今日この頃です。
URL | まこ #-
2016/09/02 23:22 * 編集 *

おっしゃるとおり

まこ殿

おしゃるとおりですよね
前は事細かに角度やら光やら、ビジュアルについて
ウザく語っていたのに・・・
今は、それよりもなんつうか心情とかストーリーに絡めての感想がおもな内容になっていますなぁ
気持ちに余裕がないからでしょうか
それほど物語の根幹に治部様がいるってことかもしれなせぬ。

ホントに、どんなかたちでもいいから登場してほしいですよね。
っていうか、西軍に勝ってほしい!!
心からそう思ッテしまいます。

URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2016/09/05 07:20 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/4028-8e3a5d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top