04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

紅蓮の炎

今夜の真田丸

あまりにも見所だらけで
息ができなかった・・・

治部殿がでてくるたびに

あ~なんでそこでそう言っちゃうかな

あ~なんでそこで帰っちゃうかな

あ~なんでそこに乗っちゃうかな

・・・と呻きながら見ていた。

この緊迫感

バクバクしながら大萌えばっかし
そして、
治部殿の必死さ、報われなさに涙が出た。


そんな見所だらけの中でも

うごごごごご~

っと打ちのめされて

ぎょわわわあああ~

っと悶えた、最高の治部さまキタ~~~

殿下を前に家康の首を取る決意をする治部殿
のすさまじい顔。

一見して見た目は青光りのように見えるが
治部殿の中では紅蓮の炎が燃えさかっていた。

怒りと決意で燃えさかる紅蓮の炎。

鬼の化身のような怒りの形相
潤んだ眼の奥には闘志がみなぎり
その目力のすごさにひれ伏すのみじゃ~

この治部殿がすご過ぎて、魂持っていかれました~

神がかっていたぜ、まったく。

あまりのすごさに震えがきたぁぁぁ
スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3995-d7ba440a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top