09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

沼田トークレポby 近江の監察方(1)

沼田に行ってきた近江の監察方よりレポがキタ~~

ご本人曰く
「耕ちゃんが出ているとつい、顔を見るのに集中してしまって
記憶があいまいなところが多いし、覚えていることが少ない」

でも、すごく詳細でツボをおさえたレポですうううう

いつもホントに感謝感謝

行けなかった拙者もトークショーへ行った気分になれる、
・・・そんな素晴らしいレポなのでアップさせておただきまする。


治部殿&片桐殿トークショーレポ in沼田 by 近江の監察方

市長のご挨拶の後でお二人が登場。

耕史くんは、黒の羽織を着て登場。
お、金髪!と思って見てたら、出てきてすぐにくるりと振り返り、
背中の大一大万大吉の文字を
「ドヤっ!」
とばかりに見せていました。
撮影で使ったものでお気に入りなんだとか。
また、イベントなどの機会があれば着たいそうで。

それ着て滋賀に来てくれ~~~

羽織の中は、紺と赤の七分袖ボーダージャケット(ぴちぴち)、
首もとにスタッズがついた白いVネックシャツ、
白いクロップドパンツ、素足にルブタンのトゲトゲシューズ。

弘前の時よりもほんわかした空気をまとっていて、
治部さまの撮影が本当に終わったんだということが伝わってきます。

約2300人の観覧応募があった中で勝ち抜いた人が客席に、という司会者の言葉に、
「その割には後ろが空いてますよねー」
といつものペースで完全リラックスモード。
表情はやわらかくべっぴんさん、コバさんと一緒だからか、
顔をくしゃくしゃにしてよく笑ってました。

沼田はほぼ初めてという耕史くん、
コバさんとともに名胡桃城を訪れてから沼田入りしたそうです。
沼田裁定の要となる城、コ
バさんは「なぐるみ」という言葉の響きがポエティックだと言い、
耕史くんはイントネーションに興味をもってを会場に尋ねていました。


ここからは順不同で印象に残ったトークを書いていきます。


・耕史くんが演じる石田三成について

耕史くん自身は、
動きがなく、感情を出さず演じるのは難しい、
とにかく台詞が多い
・・・など、これまで語ってきたことを口にしていました。
実在の人物で今も人気がある武将なのでプレッシャーはあるけど、
縁の地を訪ねて身が引き締まる思いがした。

「三谷さんが書く三成公を生きた、」
とも。

コバさんは、
三成はクールな姿勢に心の熱さが現れている、
落首の回は、まさにそれがわかると。

すると耕史くん、
「そもそも落首の件の発端は片桐さんですからねw」
これにはコバさん、苦笑い。

さらに、三成の台詞は信繁より多く、
何年、誰が、何をしてなど説明が多いので、
戦国時代を学ぶ学生さんは勉強になるともおっしゃっていました。
説明台詞が多いけれども、そう聞こえないのが耕史くんの特長、
今後もまだまだ難しい長台詞があるとのことでした。

コヒさんの秀吉は、これまでにはない躍動感、スピード感があるが、
「それに対応して、瞬時に本質をつかみ、瞬時に咀嚼して瞬時に言葉にする耕史くんは三成そのもの」
だそうです。


三成のシーンで取り上げられたのは水垢離。

大画面での水垢離シーンは迫力満点!
三谷さんから事前に
「脱いでもらう」
と聞かされていたので、元々細くはないんだけど鍛えた。
そしてメールで写真を送ったら
「やり過ぎ」
と言われた。
このエピソードも今までに何回か聞きましたよね。
でも、もう一回脱いでもらうってことになったので、もう少し絞ってメールで送ったら
「かっこいいを通り越して気持ち悪い」
と三谷さんから言われたとのこと。

コバさん、三成の水垢離を
「正しい水垢離だ」
と言うてはりました。

清正役の新井くんは、
「三成のツンデレがよくわかるステキなシーンだ」
と言ってたそうです。

水垢離のシーン、当初の台本では、
「清正、正則が誘って、三成断る
しかし、二人に無理矢理連れていかれる
そしてしぶしぶ脱いだら誰よりも凄かった」
という、オンエアされたものとはちょっと違うテイストだったそうです。

みてみたかったー、これ!(妄想)
しかし、あの三成なら、オンエアされたバージョンの方がしっくりくるかもしれません。





スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3973-be688fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top