08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

三成語り 第29話(1)

今回の三成は本当に切なく、
そして美しかった・・・

いや、毎回美しいを連呼しているんだが
そのたびごとの美しさが違うのだ。

山本三成は、切なければ切ないほど美しさが増すんだもんなぁ

治部殿が痛々しくて、観ながら胸が痛いのだが
この痛々しさが美を増幅させるから、
つらいけど、萌える
切ないけど、悶える

自分がSだったり、Mだったり(あはは)

とにかく痛ましければ痛ましいほど美しさに磨きがかかる治部殿
罪なお方よ、ホントにもう~~


殿下のご寝所に駆けつける治部殿

家に帰ってる日はあるのか
いつ寝てんのか

こんなにかちっとしたお姿で真夜中でも駆けつけてんるんだもん

日中も激務なわけで・・・

どんだけタフなんだ~~
不眠不休じゃないのさ

廊下で、人の気配を察して源次郎さんを制すとこが
めっちゃカコエエ~~~~~~~

治部殿、忍びっぽいじゃん(笑)
ものすごい緊張感が漂ってるのよね
で、そんな決死の覚悟で守ってるのが殿下の布団っていうのが、もう(笑)

治部殿の「考え」って、あれか~(あはは)
源次郎さんの小芝居にも笑えるが
大きな布団を抱えて忍びモードで部屋に入る治部殿にウケタぁぁ

ま、なにやっても絵になるけど(笑)


で、あの後、片桐殿の布団を抱えてまた忍びモードで
部屋から廊下へ出ていく治部殿を妄想してさらに笑えた!

片桐殿の布団はその後どうなった(笑)
とりあえず自室に運んで、証拠隠滅で燃やしたのか・・・




源次郎殿と向き合って話す治部殿

視線をまっすぐに源次郎さんに向けている。

殿下のことならなんでも知っているんだな、治部殿は。
付けひげにする時も治部殿に相談したのかな

きっと、治部殿は誰よりも真っ先に殿下の異変に気がついていたはず・・・
それでも、こう言うのだ、
「今に始まったことではない」
と。
これは、殿下の老いを認めたくないんじゃなくて
それを周りに悟られたくないためなんじゃないのかなぁ

治部殿は殿下のことは丸ごとなんでも受け入れる気がする。
たとえ老いによる変調があっても、そんな殿下も殿下なのだから
どんなにみじめになっててもそれが殿下なら治部殿にとっては殿下なのだから・・・

認める認めないもないのだ
殿下至上主義なのだ!


春ちゃんのこと
「今にわかる」
って・・・
なにもあんなにシリアスモードで
眉間にシワ寄せて言わんでもええやんか(笑)

「春」って呼び捨てしてるのもツボじゃ

刑部殿が春ちゃんに翻弄されてきたところが見たい(笑)
そんな刑部殿を見ている治部殿も見たい!




殿下に託された治部殿

「死んだ後のことを考えていた」

と言う殿下に向かって

そんなこと言わないで~
まだまだ大丈夫なんだから

みたいなことを返さずに

淡々と

「ご用意のよろしいことで」

と返す治部殿が治部殿らし過ぎて、もう~

殿下への愛情に満ち溢れてんだよ、この人は
殿下が生きがいなんだよ、この人は
なのに、この返し・・・
これが治部テイストなんだよなぁ

殿下のお言葉聞いている時の治部殿の瞳が潤んでいる気がした。

特に

「よろしく頼む」

という殿下のお言葉を聞いている治部殿の左目が赤みがかっていた。

2人の間で言葉以上の何かがたくさん交わされているようだ。
殿下の思いを受けとめている治部殿の眼。
本当に健気で愛おしい眼だ。
そして可愛らしい(涙)
佐吉になっている眼だよなぁ・・・

一瞬微笑んでから殿下に励ましの言葉を言う治部殿。

この時の顔が可愛いいいい

殿下への愛に溢れてるんだもん・・・

なんか泣けてきました


スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

何事にも真剣な治部殿

レクイエムさま

殿下の寝小便隠し、とてもおかしい場面だったけれど役者さんたちが真剣に演じていたからよけいおかしかったですよね。
さらにレク様の三成語りでもっと笑えました。
このように三成語りを楽しませてもらうのももうちょっとで終わってしまうのかと思うととても悲しい。

月代とおでこの面積の比率をあれだけ綿密に分析して山本三成がどれほど月代が似合うかを熱く語っておられたことにいたく感動したことは、終わってしまうまでに一言お伝えしたかったのでコメントさせていただきました。
URL | まこ #-
2016/07/30 00:08 * 編集 *

ありがとうございます

まこ殿

そんな分析してましたっけ
あはは
書いた本人が忘れてます(笑)

こんなアホブログなのにそんな風に感動していただけるなんて、とても嬉しいです。
嬉しいコメントありがとうございました
\(^o^)/

これからツライ展開になっていくんでしょうなぁ
治部殿の美しさにも磨きがかかるとおもうのですが
関ヶ原がだんだん近くなってくるのは悲しいですよね。
今年は西軍勝利でいいんじゃないかぁぁぁぁ~
そんな風に本気で思ってしまいまする。
URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2016/07/31 11:00 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3964-da3efe8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top