04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

治部殿 in 弘前(4)

みっちゃん女性に好かれてない!?

あはははh~

治部殿が

「これから先に三成はこんな風に周りから思われていたのか~
というところが出てきますけど・・・
女性たちに好かれていないっていうのがわかるんですよ」

とおっさっていた。

そないに嫌われとるんかい
女性陣って、やっぱきりちゃん、茶々さま、大蔵卿、あたりかな・・・

「あの言い方
ほんとや~ね~」

なんて言われるんだろうか(笑)

寧さまは嫌ってないよね!ね!ね!

「女性には笑顔を向けてにこっとした方がいいんだなぁというのを
治部から学びました(笑)」

としみじみ言う治部殿だった。



相手の目を見ないで話すという治部殿
「どこを見ているんですか」
と聞かれ
「相手のあごや膝のあたりを見ています」
と治部殿。

治部殿にとって感情は余計なもの。

「感情を出さないのは、相手に自分の気持ちを悟られないためとか
自分のきもちを隠すためではないんですよね。
相手に余計な思いをさせないためっていうか
こちらがどう思っているかっていうことを相手に感じさせないため
こっちの感情は余計なものなんです、特に目上の人には。
信繁にはたまに感情を出してしまうんですけど」

なるほどなぁ
そういうことだったのか

単なるクールなキャラとは違う、
なんつうか滅私奉公的な意味合いを感じまする。

とにかく徹底してるな、治部殿は~

その徹底ぶりが魅力なのじゃ




寧様から三成への台本にはない史実エピソードが紹介されたときに
治部殿は開口一番
「ほらね!」
と。
「そういう台本にはないエピそ-ドを知ってしまうと、
それが台本にはないのにこんなこともあったんだって、
違うことを思って演じてしまう。
そうなると、それはもう台本の三成とは違ってきてしまうんですよね」

「それに、知っているエピソードが台本にないとがっかりもしてしまうし」

だから、あまり史実の知識は入れないと。



エピソードといえばこんな話題も出た!

「家康さまがUFOを見たというエピソードがあるんですが
三谷さんにこれはやらないんですか!?聞いたら
内野さんにそれをやらせるわけにはいかない
って言ってました(笑)」

あはははは~

そんな話、初めて聞きました~~
治部殿はどっから仕入れたんだろうか

家康さまがUFO!!!???

拙者が知らないだけで、けっこう有名な話らしいっすね。

なんか、今の真田丸の徳川家のメンバーでこの話を見てみたい気がする(笑)

「なんじゃ、あの光るものは~」
「殿~~~」
「出会え~出会え~」
「この忠勝が成敗いたします」
「半蔵はどこじゃ~」

けっこうおもしろそう(笑)

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3953-6df185af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top