07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

治部殿 in 弘前(1)

トークショーから何日も経ってしまったし
きっと公式に(熊本トークのように)詳細レポがあがるだろうし
もうネット上ではたくさんの素晴らしいレポがあふれているし

そんなこんなで、レポは書きそびれましたが
自分用に記事には書いておきたいので、
レポではなくちょっとした感想とアホな突っ込みなどを書き散らかしまする。

※いつものことながら、言葉はうろ覚えなので全然正確じゃないし、
メモも取ったり取らなかったりであまり参考にならんかったし
順序もいい加減だと思いまする。
そこんとこ、よろしくです


会場はNHK弘前の隣にある弘前文化センター

入口にこんな看板
DSCN2843.jpg

DSCN2844.jpg


席はくじ引きだった。

日ごろからくじ運の悪い拙者・・・

「会場に入れれば席はどこでもいいや~」
「トークショーに来れただけでも幸せなことだし」

と、分別のある言葉を口にしつつ

心の中では

「前の席、センター枠
絶対にいい席をひきますように」

とひたすら唱えていた(あはは)

で、抽選の結果
仲間内でいちばん後ろでいちばん端っこだったぁぁぁ

あっはははは~
やっぱ欲深いとこうなるよな

だって、くじを引くときに

「沼田のトークショーへは仲間はみんな行けるのに
ワタシだけどうしても行けないんだから
ここ弘前では、みんなは後ろでもワタシだけは前の席が当たらないと嘘だ」

などという邪悪なことを考えておったのじゃ(あはは)

で、見事にいちばん後ろの席を引いた・・と(笑)

自分さえよけりゃ~という考えを持った罰だな、きっと。

いや、でも、オペラグラスでお顔のアップもよく見えたし
はしっこの席でも後ろだったせいで、逆に横顔にならず
拙者の好きな斜め横顔の角度でずっと堪能できたし。

隣になった地元の方々とお話しできて楽しかったぁ~
「初めて生で山本さんを見ます」
という方には、田んぼアートに登場情報を教えて喜ばれたり
三成で好きになってwowowで嵐が丘を見ましたという方には
「ミュージカルの耕ちゃんのすごさ」
などをウザく語ってしまったし。
始まる前も楽しく過ごせてラッキーでした~


トークショーが始まり、治部殿登場

まずは服装&髪型チェック

あはは・・・

足首が見える程度の丈のボトムで
細くてまっちろい足首に萌え
白のV字に開いたインナー
チャコールグレーの上着
めっちゃシンプルでカコイイ

インナーでわかる胸筋の盛り上がりと、
ジャケットを羽織ってもありありとわかる
二の腕の筋肉のモリモリ感

筋肉萌え、いただきましたぁぁぁ~

で、ソフトな茶髪ヘアー
前髪も自然に横に流していて
えりあしから後ろ頭にかけてふわっとしてて
すっごくいい感じだった。
(これが次の日はなぜにああなった(笑))

立ち姿の全身にしばし見とれたっすよ

トークは座ってだったが
筋肉のモリモリ感がすごくて、
その体にに乗っかってるまっちろな小顔が麗しい~

キレいなお顔でしたぁぁぁ

「10年前くらいにねぷたを見に来て以来です」

と治部殿。

10年ぶりに売店のおばちゃんと再会したという話で笑いをとって
つかみはおっけ~~(笑)

今までの大河ドラマ歴の話から入り
当然組!話へ・・・

「土方歳三役があまりにもはまりすぎて
他の役のオファーがなくなるくらい」

というミタニンのお言葉があったそうだが、まさにそのとおりだったなぁ
その後オファーはいっぱいだけど(あはは)

「そう言っていた本人(ミタニン)から違う役(三成)のオファーが来たんですよね(笑)」

と治部殿。

ミタニンはあてがきで、役と本人がリンクするところが必ずあるというので
治部殿とご本人の共通点を聞かれた耕史くん

まずはミタニンから
「屈折しているところ」
「人と接するのが苦手で不器用なところ」

治部殿自身では

「よく言えば自分の信念を貫くというかそういうところかな
頑固なところが似ているかもしれません」

「参謀タイプがはまるんですよね」
と吉岡Pのお言葉を受けて

「自分が前に出ていくのはもちろんですが
自分が誰かを支えるというかそういうタイプなのかもしれません。
舞台の演出もやっていたりしますし」

と治部殿。

ああ、そうだった
演出もやったよなぁ
一時期は「舞台の演出もやる」的なことを前面に出していたけど
最近はあまり言ってないような・・・



三成公のイメージを聞かれて

「豊臣秀吉に忠義を尽くすことがすべてで、
そこにロマンを感じますし、
日本人の鑑だと思います」

日本人の鑑っていう言葉がすごく印象的だったなぁ・・・

ロマンとか、信念とかそういうのは今までにもよくおっさっていたが
「日本人の鑑」ってのがめっちゃ新鮮だった。


治部殿の台詞は漢字が多い!とな

台本を開くと漢字ばっかりで
「(隙間なくびっしりなんで)黒く見える」
「ひらがなが多いとそうは見えないでしょ
漢字ばかりだと黒いんですよぉ」

頼長さまの時も、そうとう黒かったやろな(笑)

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3950-a0d50162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top