09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

三成語り 第23話(3)~とにかく美治部

高台から小田原城を眺める鎧姿の御文庫トリオ

治部殿と刑部殿が「部分おそろ」なのが萌えるわん

トリオみんな素敵なんだが
なんせ治部殿のモード感がやばすぎるうう
ジブ羽織が黒ベースで、めっちゃシックで金がゴージャス
このいでたちがあまりにも似合う
似合いすぎる

衣装もすんばらすぃが
着こなしもすんばらすぃ
ここで書いたように、デルモみたいなんだもん

ああ、美しい~~
ほんと美しい~~
マジ美しい~
とことん美し・・・・

しつこい!!(笑)

「殿下のお名を」
「殿下に恥じないような」
などなど
「殿下」「殿下」「殿下」って、ほんと殿下命なのね、治部さまは(うふふ)




殿下の陣で殿下の御言葉を聞く幹部クラスの方々

この時の治部殿のアップがやばいほどきれいなのじゃ

斜め横顔でなんか憂いに満ちた顔してるんだもん

特に
「というわけでわしは、茶々を呼ぼうと思っておる」
と殿下がおっさった時の治部殿
眼が微妙に動いてた。
ほんのわずかな動きなんだけど
こういう風に動かすことによって眼がキラリンってするんだよなぁ

この顔が、なんつうか、すごく透明感があって
儚げなオーラを出してるのはなぜじゃ

ジブたん、美しすぐるうううう

「美しい」「美しい」って、なんども同じこと書いてすまんのだが
だって、美しいんだもん


「おまえたちもあれだったら呼び寄せてもかまわんぞ」
と殿下が言った時、みんないっせいに殿下の方を見たのに
またしても、治部殿だけ微動だにせず、まっすぐ前を見ているのだった。

うづぐじぃ横顔にやられるうううう


そして、その後、ついに実戦が始まり
どしたの、みっちゃん
になっていくのだ、あはは~
(わろてしもて、かんにん)
スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3906-95d367ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top