06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

三成語り 第21話(3)~天下惣無事

そして、最後の御文庫の場面

感情をあらわにして怒号する治部殿

あああ、ホントにシビレましたぁぁぁ

ここばっかし鬼リピ

「その先にはなにがある
大名同士が食らいあう乱世に逆戻りするだけだ!!」

あああしびれる

「乱世に逆戻りするだけだ!!」

あああしびれる

「乱世に逆戻りするだけだ!!」


あああ、しびれ・・・・・の永遠のループ(笑)

そして

「それしかない
戦を避けるためだ」

に激シビレたぁ~

「戦を避けるためだ」

ああ、激しびれるうう

「戦を避けるためだ」

ああ、激しびれるうう

「戦を避けるた・・・」

の無限ループ

こんなに激しい感情をあらわにした治部殿があまりにも好き過ぎて
死にそうになったもんね。

そうしているうちに、やっぱしこうなった(何)
何度もリピしてたら、別の世界がダブってきてしまった。

組!!の、あのジオラマを挟んでの大鳥さんとのシーン
怒号する副長

ジオラマを蹴散らしながら

「俺達が薩長軍を蹴散らし勢いに乗っている時に
退却を命じたのは誰だ!!」

「それがあんたのいう采配か!!」

あの口調に似ているんだもんなぁ・・・

蘇ってしまった、副長の声が姿が・・・

それだけにしびれ方が増幅されてしまうのだ。

あああ・・・


この治部さまを見て、彼がいかに「天下惣無事」にかけているか
平和な世の中を望んでいるかがわかって、胸が熱くなった。

そんな彼が挙兵にいたるまでにはどんな展開があるんだろう・・・

・・・

・・・・・

・・・・

ってことで、やはりシビレっぱなしで終わった21話。

もちろん、最初から最後まで息をもつかせぬ面白さで
今回もツボだらけだったが。

やはり凄かったのは
氏政と家康の会談

両巨頭がそろい踏みという凄み
お互いの背負うものの重み
大大名の宿命
・・などなど、素晴らしかった。

しみじみ感じたのは、家康にはあって秀吉にはない絶対的なものがあるということだった。
それは帝王学、そしてバックボーン。
人質時代が長かったとはいえ、生まれながらの大名である家康。
今川時代にも養われてきたであろう、リーダーとしての格。
なんというか、心の幅というか厚みというか、余裕があるのだ。
積み重ねてきたものが大きいんだよなぁ・・・
昔からあったものを受け継ぐという厚みというか、いわゆるバックボーン。
秀吉にはそれがない。
すべてが新しく、しかも急ごしらえ。

そこに大きな差があると思った次第。


今回もウケまくった場面がいっぱいあったが
拙者のいちばんツボはババさまの
「古漬けはウマいのう」

画面には映っていなくて声だけが入ってるのだが。
なぜかこれがツボにハマってハマって。
何度見てもウケルのだぁ~

ババ様最高\(^o^)/

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3894-82f31181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top