05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

これだ!

今日は本編の前にもお楽しみがあるうう\(^o^)/

もう少しで始まるぞぉ~

真田丸第二幕まるわかり!
“秀吉チルドレン”それぞれの正義 拡大版


午前中にすべての用事をかたづけて
今、テレビの前で待機しているでござる。

楽しみじゃ~

で、今日はネットにこんな記事も

・まんたんweb
真田丸:山本耕史“不動”の三成 “キャリア官僚”の陰に秘めたる熱さ


記事の内容よりも何よりも
治部殿の写真がい~~~~っぱい
22枚もあるうう\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

どれもみなカコイイ~

特にこれとかこれとか
これこれなんか、もうひゃっはぁぁぁ~~じゃ

そして、真田丸FBを読んで、
「これ!
これだ!これ!!
これだったのだぁぁぁぁぁ~」
と膝を打ち過ぎて膝が砕けそうだった(大げさ)

第20話を演出された渡辺哲也さんのコメント
「ふだんの三成ならば寧(鈴木香)や茶々(竹内結子)が現れた時点で秀吉の前を譲るのですが、このシーンでは動けなくなる。」

なるほどおおおおおおお
そうなのだそうなのだ!

このシーン、手をギュッと固く結んで固まっている治部殿の姿に
尋常ならざるギリギリの緊張感を感じていたのだが・・・
その姿の他にも、何かのせいで緊張感が高まっているのを感じていたのだ。
それが何かわからなかったが、
「何かがいつもと違う」
と感じていたのだ。

やっとその答えがわかったぁぁぁ~

そうなのだ!
治部殿が動かなかったのだ!

いつもの治部殿だったら
お寧様が来た時点で、ささっと下がるはず。
お茶々様が登場したら、殿下の正面をあけて脇へ座り直すはず。

それをしなかった。
というより、出来なかったのだ。
動けなかったのだ。
それほどの緊張状態にあったのだ、みっちゃんは!!
命がけの諫言はこういうところもきちっと描かれていたのかぁ

ようやく合点がいきました!!

ほんとに素晴らしいいい~~~
名場面というのは脚本、俳優、演出、スタッフ全員の力の結晶でうまれるものなのだ。


スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

繝ャ繧ッ繧、繧ィ繝?縺輔∪
縺ェ繧九⊇縺ゥ縲√□縺九i縺薙▲縺。縺セ縺ァ縺ゅs縺ェ縺ォ邱雁シオ縺励◆繧薙〒縺吶?縲
荳画?縺ョ隕壽ぁ縺ィ邱雁シオ縺御シ昴o縺」縺ヲ縺阪※縺溘s縺ァ縺吶?縲
貍泌?縺悟?譚・縺溘b縺ョ縺ァ繧ゅ?∵シ斐§繧倶ソウ蜆ェ縺梧シ泌?螳カ縺ョ諢丞髄繧呈アイ縺ソ蜿悶▲縺ヲ縲√◎繧後r貍斐§繧峨l縺ェ縺代l縺ー縲∬ヲ冶?閠?↓縺ッ莨昴o繧峨↑縺?b縺ョ縲
縺輔☆縺悟アア譛ャ閠募彰〓
豕」縺九○繧九%縺ィ縺ョ縺ァ縺阪k蠖ケ閠?〒縺吶o縲

遘√b莉翫せ繧ソ繝ウ繝舌▲縺ヲ縺セ縺吶?b
URL | 縺セ縺刀 #-
2016/05/29 15:23 * 編集 *

すみません

せっかくコメントを入れていただいたのに
文字化けしてしまって読めませんでした。
本当に申し訳ありません。

でも、たぶんもう大丈夫だと思うので、よろしければもう一度コメントしていただけると読めると思います。
URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2016/06/01 21:35 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3886-9582cb9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top