07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

三成語り 第19話(3)~ウレイジブ

聚楽第での治部殿

淡々とこなす職務も素晴らしいが・・・

席をはずせと言われる前に察してその場を去るところが有能
しかも、それ相応の理由付けがちゃんとできている。

出来る男だけで、わきまえてて
出来過ぎない加減がジブクオリティ


・・・・と

ここまではいつものジブクオリティだったのだが

なんとなんと
ラストで、あのような治部様が来るとはぁぁぁx~

ひゃっはぁぁぁ~~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

今週のベストワンはラストのジブさまのひとりごと

まさかまさかの、「今までとはちがう治部」

みっちゃん、どうしたぁぁぁ~~


この場面はとんにかく美しさが際立ってた。

隙なく常に冷静で、公の場では感情を表すことなく
常に完璧に見えた石田治部少輔三成殿が・・・

先行きの不安と動揺を垣間見せてくれるなんて

ああ、もう、魅力的過ぎて死んだ


「この先殿下は、どこへ向かわれるのか」

この時の憂いを含んだ表情がたまらんかったぁぁぁぁ~

そして、こう言ったあとに、

「なにを言ってるんだ俺は・・・
俺としたことが」
みたいに眼が微妙に左右に振れ、口が小さく動く。

このびみょ~~~~~~~な動きがすんばらしい

この微妙な動きで、鉄壁に冷静だった男が見せた動揺がわかる。

これがまあ色っぽいことといったら、もう~~~

「独りごとだ、聞き流せ」

あああああシビレルうううう

「聞き流せ」

「ききな」
くらいまで伏し目で
「がせ」
で目線を上げる時の厳しい表情がたまらんわ

厳しいけどエロっぽいぃぃぃ

大人の男の色気を感じるわん

サリエリさまや左府さまの色気だだもれとはまた違う魅力。
ハードで硬質な男から漏れ出てくる色気なのよね、そうなのよね。

たまんねぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~



そして、さらにさらに

予告の治部殿にやられた。

「口を出すな!!」

きゃぁぁぁぁっぁ~
あの治部殿が声を荒げておられるうううう

来週が楽しみ過ぎる・・・


今回もいろいろあってどの方も素晴らしかったが
忠勝さまの涙にきゅんとしつつ、
信伊殿の月代スタイルに萌えました。
色男だなぁ、ホントに・・・

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3866-8c8f3979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top