09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

三成語り 第18話(1)~ジブルール

もう再丸がオンエアされちゃったぁ^_^;

ってことで、18話の三成語り、イキマス。

そう無理に記事をアップせんでもエエがな・・・
とは思うが、あとで自分で自分の感想を読むのがけっこう楽しいのよん
(あはは)

「バカかいな」
「よくもまあこんなにウザく書けるもんだ」
「中身ねぇなぁ」

と当時の自分に自分で突っ込むのがおもろいんですねん。
たまぁ~~~~~~に
「エエこと言うやないの」
と感心もするが(笑)


で、18話のみったんっすよ

今回は、そんなに出番がなかったが
でも、出てくるだけで存在感がすごい

黙ってそこに存在しているだけで
ジブ法度、発動中
って感じ。

なんだ、ジブ法度って(笑)

すべては殿下のために存在する絶対的なジブルール!!
そして、そのルールを遂行するために威力を発揮する
ジブ光線ジブシールドが存在する気がするもんね(笑)

あっはははは~
何言ってるか自分でもわかんねぇ(アホ)




最近は「佐吉」呼びがないのがさみしいけど・・・

殿下が
「治部」
っておっさるたびに、なんか萌えるうう

このひとことで、すべてが済んでしまうなんて
すげ~よ、このジブクオリティ

「殿下の絶対的な信頼を受けてる男」
っていうか、
「ジブ イズ 仕事の出来る男」オーラが
じわわ~っとにじみ出るのよ・・・

そんな治部さま、今回もバッサリ、サクッと(笑)
完璧な仕事ぶり、人を不快にさせる何かもフルスロット

ジブ通常運転で、よしよし(あはは)

っていうか、

もう、1話につき1回はこういう塩対応を見ないと気が済まなくなっているもんね。
出来る男ぶりと、「仕事は完璧なんだけどなぁ」という不器用さが素敵~~

今観ている治部さまの対応ぶりが
きっと懐かしく思い出される時が来るんだろう

いや・・・
懐かしいだけじゃなく・・・

「殿下がおられた時は、治部殿も通常運転できてたんだよなぁ」
「ああ、あの塩対応ぶりでサクサク仕事をこなすみっちゃんよ、もう一度」
と切なくなる日が来るだろう(涙目)

そんなことも考えながら見た18話だった
(めんどくせぇやつ(笑))


殿下が寧さまに
「決まったぞ~太政大臣」
と駆け込んでくる場面のみっちゃん。

殿下との距離の取り方がいつも同じ~~

殿下がゆっくり歩いてるときはみっちゃんもゆっくり
殿下が歩を止めると、間隔を開けてみっちゃんも止まる
殿下が駆けてるときは、みっちゃんも大股歩き

いっつも殿下と自分との間隔がおんなじなんだもん
メジャーで測っているみたいに・・・。
こういう几帳面さが治部殿らしくて萌えるわん

殿下が「ひゃっはぁ~」って喜んでるときに一瞬映った治部殿はというと

眉間にシワでギュッと結んだ口

変わってないやないの~

いや、よ~く見ると、微妙に眉間のシワが浅い気がする(え)
目もいくぶん優しげな気がする(え)

心の中では
「よろしゅうございました、殿下!!」
っていう、殿下の喜びはそれがしの喜び~みたいな気持になってるのかな!?

「殿下ぁぁぁぁ~やったぁぁぁ~」
「おっしゃぁぁぁ~~」
みたいに喜んでいるのかな!?

わかりずれぇぇぇぇ~~~~

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3854-d155e352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top