09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

山本三成語り 第17話(4)~ジブビューティー

殿下と家康さまの対面を果たした後の廊下でのシーン

源次郎さんと治部殿の2人っきりの場面
すきだなぁ、この2人のやりとりが。

心の中では思っていただろうけど、口に出すのは初めて。
みっちゃんが源次郎のことを認めた場面。

始まりの手紙ネタでクールビューティから一転
最後の、ちょっと顔に感情が現れた治部殿と
それを受けて
「真田昌幸の次男坊です」
と誇らしげに返す源次郎殿。

くううううう~
たまらん
見せるねぇ

名場面のひとつなんじゃないか~、これは!


兄上の手紙を懐から出し

源次郎の手をサッとかわして

背を向ける。

この一連の治部殿の動きがめっちゃスマートぉぉ
カコイイのよ、ホントに

キレが合ってシビレル。

手紙を懐から出すとき、微妙に顔を傾けるんだよなぁ
この傾け具合いにめっちゃ萌える

源次郎を諭す三成

夜の廊下のシーンだから、
ほのかな明かりに照らされた顔がホントに美しいぃぃぃ

厳しことを言っているようで、どこか優しさを感じる。

シリアスでかたくなな顔とはぜんぜん違う。

パッと見は同じような眉間にシワのシリアス顔に見えるが、
醸し出す雰囲気がどこか柔らかなのだ。

ホントに大人の男の魅力がにじみ出ていて
美しくてたまらん。

ああ、美しい
美しいったら美しい
とにかくひたすら美しい
マジ美しい(しつこい)

「何者なのだ、おぬしは」
と言う時の
「なにもの」


が息漏れな感じで言ってるのツボじゃ~

今まで寸分の隙もなくきっちり声も出ていたのに
「な」が息漏れになってて、本音が出てるぞって思わせてくれる。

こういう微妙な台詞の言い方が素晴らしいなぁ・・・


去っていく源次郎さんを見つめる治部殿の顔

甲冑トークで耕史くんが
「三成が真田に対していらつきながらもうらやましいと思うところがあるんです。
信繁のこともかなわないな~と認めざる得ないというか、
本当はうらやましいみたいに感じているのがわかる」
とおっさっていた、まさにその通りの顔だった。


第17話の最後の場面
タヌキとサルの大芝居(失礼^_^;)絶賛上演中のときのみっちゃん

例の台詞「殿下がお召のこの陣羽織を」が出てきた時に
ちらっと源次郎さんの方を見る治部殿。

この時の顔もたまらんなぁ

視線の動かし方がたまらん

いったん下の方に視線をおとしてから、
ギロって視線を向ける!

これってけっこう耕史くんの得意技なんだが
いつ見てもシビレルなぁ

伏し目になってからのこの眼力!!

「ギロ視線」
よりも
「伏し目→ギロ視線」
の方がインパクトが大きいもんね。

これだといっきに視線の鋭さが増すのだ。

この伏し目からの視線ってのが拙者の大好物なんで、えっへへへ~

いただきました~~って感じでたまらんです。

この歴史的な場面
居並ぶ家臣たちの中で、片桐さまがイチバン素直に感動してるのがウケルううう

さらに

殿下が陣羽織を家康さまにかけてあげるのが映ってて
それがめっちゃ芝居がかってて笑ったぁぁぁ~


今回はホントに治部さまの美しさがたまらなかった。

クールな美しさ
シリアスな美しさ
夜の廊下

などなど、どの治部殿もみんなすべてぜ~~んぶ
とびっきりの美しい治部殿だった。

治部殿美しい
ジブ イズ ビューテホー

ホントにジブビューティーを堪能した回でした。


17話全部が見どころで、全場面について語りたいんだが
治部さま語りだけでこのボリュームなんだもんね(笑)

もちろん、殿下と家康さまの二大巨頭のお忍び会談の面白さと
お二人の存在の大きさは素晴らしかった。
まさにビッグな2人・・・

その間にいる源次郎さんもすげ~~~

とか

ミチコ旭姫のインパクト(笑)

とか

大政所様の魅力とか

兄上夫婦のオフとか

姉上とか

全場面がツボだった。

中でもワタスのツボはシルビアさんの阿国の魅力!!

舞い姿の凛々しさとスケールの大きさ。

立つ、進む、座る
という単純な動きほど難しいのだ。
ちゃんと訓練されてきた人じゃないと見ていられない。
(日舞の基礎がない人が日舞を踊ると、
腰が据わってなくて手や足だけで動いてしまうから
とても見ていられない
・・・ってのと同じ。)

シルビア阿国は、腰の座り方と寸止めのポージングが本当に見事じゃ
さすが舞台役者!!

登場しただけでカッコよかったなぁ

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

こんばんは。
レクさまの三成語り、
誠に細かく、もう一度あたまの中でシーンが再現されて、あ~そうそう、と思いながら読んでます
レクさまのはそのまま私の思ってることまんま文字にして下さるので凄く共感できてウキウキ、ニヤニヤ楽しみながら読ませてもらってます。
私もあの三成、清正のシーンだいっすきです。
素直に仕方なく向いてやるみっちゃんが、大好きですー
URL | まこ #-
2016/05/07 20:30 * 編集 *

うれしい~~

まこ殿

こんなうざいブログをそんな風に言ってくださって
本当にありがとうございます(^◇^)
うれしいなぁ・・・
記事を楽しんで読んでくださるのがいちばんうれしいです。
そういうコメントをしていただくと、ますますはりきって書いてしまいますから・・・
こまけ~し、うぜ~のが拙宅の特徴なので(笑)
これからも読んで笑ってやってください
みっちゃん、ホント魅力的ですよね
そして美しい~~~(また言いたくなる(笑))
URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2016/05/08 07:26 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3837-09687149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top