09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

山本三成語り 第17話(2)~ビューティージブ

家康が上洛してこないと殿下がイラついている場面での佐吉~

座ってるううう

またまた完璧なフォルム
今度は左側なめの角度!!

マゲ・頭・デコ・耳・腕・背中ぁぁぁ~
完璧なシルエット

またまた出た~ジブバランス
ジブバランス第二弾ってとこじゃ

置物みたいに微動だにしないところがいいなぁ・・・

「旭さまに勝る人質をお送りするのでごいざいます」

眉間に縦じわ
訴えかける眼
真剣な顔が美しいぃぃx

クールというよりシリアス
だからシリアスビューティーなジブさま

ああ、シビレル


そして
今回最大の萌え場面がキタ~~~

お文庫での清正対決

ここは、ぜぇぇぇぇ~~~んぶ萌えて悶えてしびれっぱ
どこを切り取っても美しさが堪能できる場面だった。

最初から最後まで美しいんだもん、治部さま

大政所さまの無事を必死に願うジブはシリアスビューティー

清正さんや正則さんとのやりとりの治部さまはクールな美しさ

これぞクールビューティー

たまらんなぁ、うひゃうひゃひゃっは~~~

「殿下の母上にまいにちのことなど決してあってはならないのだ」

この時の必死さがたまらん
シリアス顔にちょいと切なさが加味されてて萌えるううう

何があっても動じず感情を表に出すことなくクールだった治部さまが
あんなに必死になって訴えかけている

なにがあっても殿下の母上をお守りするという熱い思い。

「決してあってはならない」
という言葉にこめられた強い決意。

山本三成が初めて見せる、「熱い男」の一面だった。

初めてこの場面を見た時
「決してあってはならないのだ」

「ならないのだ」

「ら」に巻き舌が入っているように聞こえたので
「ええ!まさかのみっちゃん巻き舌か!?」
と動揺してしまった。

で、再生してもう一度見たら、巻き舌になんかなってなかった(あはは)

あったりまえだろ
治部さまが巻き舌なわけないだろ(笑)

でも、そう聞こえたのだ。

きっと、それだけ熱い思いが語気に表れていたんだろうなぁ
だから巻いてもいないのに巻き舌に聞こえてしまったのかもしれない。

しびれるわ、シリアスビューティー

で、清正さんたちが登場してから去るまでの治部殿が最高~~
クールでシニカルで斜に構えた感じがすばらしいぃ~

この時の顔が最高に悶えた。

だって、究極のクールビューティーなんだもん

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3835-04a9f427
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top