09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

甲冑三成トークショー(4)~トークのツボ

・人を不快にさせるコツ

ツイやweb記事でいちばんとりあげられているので、いまさらなんすが^_^;
やっぱ、ツボったので書きまする。

三成としての見どころを聞かれた時に出てきた
「人を不快にさせるための演技」。

それに対してのコウジ三成の答えが

「台本のとおりにやっているんですけども・・・
僕の中で最初に決めたのは、視線を合わせないようにするということです」

「今のところ、愛之助さん演じる大谷吉継以外の誰とも視線を合わせていないです」
「信繁がいても、視線を合わせないで
(斜め下の方を指をさして)この辺を見ながら話していますし」

「でも、それが(信繁からいろんな影響を受けて)
だんだん変っていくんですよね」

「信繁は三成のことがだんだんわかってきて、
(実は熱いものを持っている男だということを)理解していくんです。
それで2人の関係も変わってくるという感じで」

m12.png




あと、「相手によって話す感じが違う」ともおっさっていた。

清正さんたちと話すときは冷たいようでいて結構気を許しているっぽい
刑部と話すときは既出の通り
信繁と話すときは、始めは下にみているが、だんだん認めるようになって心を開いていく

・・・みたいな感じらしい。

そして

「そういうところにつめの甘さが出てきたり、人間らしさが見えてきて
そこが見どころなんですよね」

「そういう雰囲気が面白いし
三成公のかわいいところでもあるんです」

m10.png




このトークの時に

「バカと話すと疲れる」

という台詞を言ったコウジ三成。

声にちょいと三成が入ってて、いきなりシビレタぁ~

三成台詞を言うと、それまでの「山本耕史」から「石田三成」に瞬時に変わるのだ~



・副長と三成

組!でもナンバー2の副長だったコウジ三成
副長との違いを聞かれた時、耕史くんがまず

「土方歳三」

と言ったので

「あり!?
副長も呼び捨てになったのかぁ」
と思った瞬間

「さん」

と言った(笑)

なぜか
「土方歳三・・・・さん」
って、「さん」までに間があったのよね・・・
一瞬の間だったけど、焦ったぁぁ(笑)

同じようにトップを支える役どころだが

「土方歳三さんは感情で動くし、強引なところもありますが
三成公は計算で動くんです」

「それに豊臣家を支えるというのは、もう規模が全然違うんですよね」

「規模」って言葉はなんか印象に残りました~

副長は必ず「歳三さん」
そして、三成は必ず「三成公」

こういうこだわりがええですなぁ・・・

そして、三成が
「これからどんどん熱い男になってくる」
という話から

「熱い男という意味では、土方歳三さんと(三成公は)似ているのかなとも思います」

とな!

義に生きる熱い男・・・

m9.png



くうううううう~~シビレルうううう



そういや、新選組!の話が出て

「みんなと会うのは久しぶりでもないです。
毎年忘年会で会ってますから」

と忘年会話が出た時

「今年は、真田丸と合同でやることになるかもしれないかな
(ちょっといたずらっぽく)」

などとおっさっていました(笑)

組!の話題になったとたん、表情がめっちゃほころんだのが印象的だった。
なんかいっきに顔が柔らかな感じになったのだ。

m15_2016050206380049a[1]

m14.png





カワエエなぁ・・・

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3828-c5504672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top