05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

甲冑三成トークショー(2)~生甲冑の破壊力

現時点でもれなくついてくる付加価値とは

「実際に真田丸の映像で出てくるであろう山本三成の
甲冑姿への期待の大きさ」

どゆこと!?

それは

つまり

今、目の前で見ている甲冑姿の山本三成だけでも悶絶なのに
真田丸オンエア時で観る甲冑姿の山本三成は、
「今の甲冑姿をさらにさらに劇的に上回るであろう」
と断言できるからなのだ。

だって、実際にオンエアされる甲冑みっちゃんは、役に入り込んでいる顔で、
ヅラもかぶってて、メイクもがっつりしてるはずだから。

「山本耕史が扮装している」というのじゃなく
三成になりきった上での甲冑姿がどれほど凄いものなのか!!

ああ、考えただけで恐ろしくなる

トークで

「いかがですか、こういう甲冑姿は」

みたいなことを聞かれた耕史くんは

「撮影で鎧はもう着ましたが(忍城の戦い!?)、
その時は兜はまだかぶっていなかったので
この兜を被ったのは今日が初めてです」

とおっさっていたのだ。

もしかして、三成がこの兜をかぶるときは、関ヶ原なんだろうか・・・
(あくまでも拙者の妄想なので、その前にも被るシーンがあるかもしれないけど)

甲冑姿で画面に映るときは、表情もきりりとして凛々しく
悲愴感もあり、怒りもあり、熱い思いが全身を巡っている
・・・そんな甲冑姿だろうから。
このトークショーでも超絶カッコイイのに、
さらにさらに凄いだろう

今、想像、妄想、予想してるけでど、
絶対にそれらを上回る劇的な破壊力だろうなぁ・・・

目の前で見ていて、フル甲冑のカッコよさにしびれながら
同時に、やがては来る
「真田丸でのフル甲冑三成のすさまじいカッコよさ」
を思い浮かべている。

目の前にあるものに超悶絶しながら、
これから先に必ず見られるものへの期待に超ワクワクする。

なんて至福の時なんだろうか

ダブルで味わえる、この贅沢さよ
こういう二段構えだったから、萌え方が凄かったんどす。

ああ、すさまじかった~~~
今思い出しただけでも、心乱れるううう




生で見た感想として、もうひとつ。

乱髪兜の黒髪が、ロックシンガーにも見えた。

めっちゃロックしてるじゃないの、三成甲冑~~

だからロックの魂を持つコウジヤマモトにこんなに似合うのかな・・・

あの甲冑姿のままエレキギターを弾いたり
マイクを持ってシャウトしたり
あのままロックライブオンステージになっても、じぇんじぇんおかしくない!

熱い魂を持つ三成、実はかなりのロケンローラーなんじゃないか~

そんなことを思ってしまうくらい、似合っててカッコよかったです。

今回のトークショーは30分足らずだったけど
ものすごく濃かったし、大満足だった。

1時間以上のトークショーに匹敵、もしくはそれ以上の満足度だった。

これはやはり、
「フル甲冑姿でのトーク」
というのが大きかったからだろう。

フル甲冑コウジは、それほど凄い破壊力でした。

m7.png




あああ・・・
思い出しただけでも悶えるうう


(このあと、トークの内容についてツボったところをちょこっと書きまする)

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3826-5a0e5ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top