09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

山本三成語り~第16話(1)

もう、なんつうか
何回観てんだよ!っていうほどリピしてしまう

16話もみっちゃん、いっぱい~~
だって、殿下のお側にいっつもいるから出番多いし
源次郎たんの上司だから、絡みも多いし

予想以上にいっぱいでてきてウレシ~~
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

だからリピポイントもいくつもあって
リピしまくる日々・・・

ふふふふふ・・・

で、

まずは

みっちゃん語りの前に、言いたい!
大坂編になったら、さらに面白くなってきたぞ、真田丸

単に面白いっていうんじゃなくて、完全に源次郎さんと同じ気持ちになれるてのがたまらんのよ。
源次郎のドキドキや戸惑いやおろろきがそのまんま見ているこっちの気持ちと連動してるんだもんね。

これは、今まで大坂方の様子をまったく描かなかったからこそなのだ。

大坂編が始まるまでは、羽柴家とその周辺は全然出てこなかった。
今までの大河なら、それなりに秀吉の様子も描きながら進むのが常だったが
この真田丸は違う!
真田側の知らないこと、見ていないことは描いてこなかった。
大坂編になって初めて羽柴家側が出てきたから、
見ているワタスも初めて見たことになるのだ。

秀吉は今までどんなふうに戦ってきて、どんなふうに出世してきたのか!?
三成や清正のような家臣たちとどんなふうにかかわってきたのか!?
そして、その家臣団は秀吉のためにどんな働きをしてきたのか・・・

そこをぜんぜん見てないから、まったく初めて遭遇した気分になれる。
それはまさしく源次郎さんの気持ちそのものなのじゃ~

目の前に現れた羽柴家の方々や大坂城の面々が
誰で、どんな地位で、どんな立場で、どんな人たちなのか、
力関係や能力の有無やら・・・
始めはそれがまったくわからず、戸惑いながら大坂城の中を右往左往しつつ
少しずつ理解していく源次郎。
同じようにこっちも初めての遭遇だから、同じような印象を持つことができる。
驚いたり感動したり困ったり嘆いたりしている源次郎のきもちと
見ているこちらの気持ちが見事にリンクするのだ。

だからワクワクするしドキドキハラハラするし、
そういう思いを主人公と共有している感じがたまらんのよね~

だから面白さが倍増してるし、見ごたえがあるのじゃ~

・・・

・・・・



あははは~
前置きなげ~(いつもですが^_^;)

さて

16話のみっちゃん

どの場面もカコエエ~

どこを切っても三成成分が濃い濃い濃い~
石田三成度100パーセント。

扉の開け方や大股でガシガシ歩く感じが萌えるううう

ここで一句

「愛想なし、動き無駄なし、容赦なし」

あははは~


まず源次郎殿に
悪い知らせを告げ、次に良い知らせを告げるみっちゃん

殿下の「ほれ」って感じの首の合図だけで喋り出すってのがいいわぁ~

そして

ついにきた、殿下の「佐吉」呼び\(^o^)/

佐吉と呼ばれた時には殿下の方を向いて応えてるみっちゃん

佐吉って、なんかカワエエやないの

家康さまが忠勝さまのことを「平八郎」って呼ぶのが好きで、
呼ぶたびに「キャワエエ~」って思ってたんだが・・・

佐吉呼びはそれ以上の可愛さやで

殿下に
「さすが手回しが早いのう」
と褒められても、表情一つ変えないみっちゃんだけど
心の中では「えへっ」ってなってるんだろうな、きっと。

そんな風に思えてくる、かわいい「佐吉」呼びなのだった。

ここでは、源次郎たんにいっさい視線を向けずに話していたみっちゃんが
「明日よりそなたは」
まではそのままで
「殿下の家来じゃ」
ってとこで、初めて顔を源次郎さんに向けるってのも好き。

徹底してるなぁ、みっちゃんは。

この視線は、家来になったから客人ではなく身内になったってことなのか・・・



スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3814-e0d44a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top