05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

山本三成語り~第15話~(3)

公務の時の三成はホントにじっと動かず、表情も視線も変えず・・・

でも常に殿下の側に控えていて、すべてにおいて精通してる感がハンパない!!

茶室の手配も、利休殿のお迎えも
お着替えの手配から、何から何まですべて・・・

景勝さまのお出迎えやら接待やら
殿下を探して連れ戻すやら
会議のための重臣招集やら
そして、
さらに一大事業である検地までも任されてるなんて・・・

忙し過ぎだろ、みっちゃん

でも、黙々とこなしている姿に感動するなぁ

そりゃ、あんだけ多忙だったら、無駄な動きや言葉はなくしたくもなるよね~
いや、
「隙がない・無駄がない・容赦ない」
ってのは元からの三成の性格なんだろうけど(あはは)


黙々と、粛々と、淡々と、

そんな言葉が似合うみっちゃんの公務ぶり

すかす、いろんなことを観察し、思いを巡らし、
あの場合この場合を考えてイチバンいいものを選択し
さらに先を読んで、ひたすら殿下のために働く・・・
それが生きがいなのよね、きっと。


「支度が整い次第、利休殿の茶室にご案内いたします」

と景勝さまの控えの間に入ってきた時のみっちゃん

やっぱ腰よ、腰~~~
腰が細いのよぉぉぉx~~

この腰がたまらん(だはは~)

あ~~もう、腰が腰が腰が~~~~(笑)

好きなのよ、あの腰が~~~(しつこ~)


あっはははは~

ま、みっちゃん語りはここまでとして・・・


今回も見どころ満載だったなぁ

さすが、秀吉さまが素晴らし過ぎて感動!!

今まで、ワタスの中での秀吉(というか藤吉郎)は大河『国盗り物語』の火野正平さんだったが・・・
これはおもに藤吉郎時代だった。
今回のコヒさんの秀吉は、まさに「関白 豊臣の秀吉]」そのもの。

多面的な魅力を備えた、恐ろしくも愛すべき殿下だ~

この先が楽しみで仕方がないっすよ!!



会議の場面で秀次と三成が並んで座っていた。

この並びを見ていたら、なんとなく思い出してしまった
ロックミュージカル『GODSPELL』のことを・・・

このお2人、『GODSPELL』で主演しジーザスを演じたお2人だ。
耕史くん主演・演出の時の『GODSPELL』では、新納さんが観に来ておられたっけなぁ
シアターートラムのロビーでお見かけしました。


歌って踊れる2人が、戦国の世で並んで座っている(笑)


この先の秀次さんの運命を考えると、そのくったくのない笑顔が切ないなぁ


そんなこんなで、15話もめっちゃおもしろかった!!


なんたって、山本三成がドハマりすぎじゃぁ~~~
早く来い来い日曜日\(^o^)/

でも、回が進むってのは、そんだけみっちゃん最期の日が近づくってことなんだよな
ああ、今から切ないなぁ・・・



スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3806-c66fc07e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top