09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

観た!!

※この記事にはネタばれが含まれています
まだこれから観るという方はご注意を!



ああ、やっと絶賛のトラウーマを観たよおおお\(^o^)/

あまりにも忙しくて、自分のスケジュールが調整できず
映画館へ行くタイミングがなかったのだが・・・
今日やっと行けた~~~

なるほど、トラウーマが絶賛されるのもわかる
素晴らしいの一言じゃ

いったい何種類の声を使いわけられるんだろう

「山本耕史すげ~~~」
と、あらためて彼のプロとしてのいい仕事ぶりを実感したトラウーマだった。

ロックテイストの歌声にもモチロン萌えたが、
イチバン萌えたのは、
封印が解き放たれてラスボスになってからのトラウーマさまじゃ

くはぁぁぁ~~~

あの声の張り具合いがたまらん
低めになるからなおさら萌える

あああ、カコイイ声だった
たまらんわ、あの声は
悶えたわ、あの声に・・・

あの張り上げ具合は、ちょっとスネーク様も思い出した。


一緒に観た友がラスボスのトラウーマを見て言った
「これってウマだけで、どこにもトラ成分がないよね」
という言葉が笑えて笑えて(笑)

で、

「トラウマを抱えてたのはソルシエールの方だったっていう」
とワタスが言ったら、友に大ウケしてた(笑)

そんなこんなで、楽しかったです\(^o^)/

昨日、新妻さんの『愛をとめないで』を聴いたばかりだったので
今日の映画でも、その美声に酔いしれました。
新妻さんの透明感のある歌声は本当に美しい



変身シーンがめっちゃキラッキラで凄かったですな!
これに比べると、娘が幼いころにハマっていたセーラームーンはけっこうシンプルだったのね^_^;


客席の反応もオモシロかった。

入場したときに子供たちに配られたミラクルステッキライト
これを、みんなが力を合わせるシーンでに客席からも応援するために
ライトをつけて振るってことになっていたんだが・・・

プリキュアさんたちが登場しただけでテンションが上がって最初から振ってる女の子がいたり
戦闘場面になるたびに、とにかく一生懸命応援するために振っている子がいたり
中には、トラウーマが出てきた時に振ってるお子様もいた(笑)

プリキュアの一人が倒れているとき
「ひとりになっちゃった・・・」
と悲しそうにつぶやいている子がいて
そのあまりに真剣な声に、なんかウルウルしちゃったっすよ

トラウーマが降ってきたバケツに頭を打たれるシーンでは
客席のお子様たちがみんな爆笑してて
「ああ、ウケテル、よっしゃ~~」
って、なんかこっちも嬉しくなった(笑)

ラスボストラウーマがソルシエールにひどいことを言った時に
「かわいそう」
「もう、この馬嫌い!!」
って本気で怒っている女の子の声が聞こえて
「よっしゃ~~」
と思った(笑)

トラウーマがラスボスに変身したときに
「えええ~~」
と驚きの声が上がったりしていた。

客席の反応がほんとに素直なんで、面白かったなぁ・・・

戦いの最後のクライマックスで、プリキュアにパワーを送るために
客席の子供たちがステッキライトをかざしていた。
暗い客席のあちこちにライトが灯って、その光が揺れている光景は
なかなかいいもんだった。


すかす、

山本耕史はホントにすげ~~
とにかく、すげ~~
まさしく、すげ~~

すげ~~しか出てこないほどすげ~~

これがおもな感想だった。

すげ~~~

スポンサーサイト

カテゴリ: プリキュア

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3767-b08e05e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top