09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

室賀さんの死

毎回毎回、面白くて楽しい真田丸

感想は山ほどあるのだが、ブログに書こうとする前に
見終わったあとの感想を夫とさんざんしゃべりまくって
さらに友だちと電話やメールであだこだと言いまくってしまうので
それで気がすんでしまってなかなか感想記事が書けなかった。

すかす、今回は書かずにはいられない。

宴会、暗殺、
あの緊迫感と腹の探り合い、
命をかけた戦い、

みなさんそうだと思うが、やはり見ながら思い出してしまった
組!芹沢鴨暗殺の回を。

真田丸は、曲調や効果音、セリフ、などで、今までにも組!を彷彿とさせるものがあって
「おおっ」とするところがたくさんあったんだが・・・
今回はそういう細切れの「おおっ」ではなく、「おお~」だった。

組!の、これから抹殺しようとする相手にお酌をしにいく副長と
それを受けながら何かを察しつつ歓談する芹沢局長。

楽しそうな宴会が続く中で、
裏では密かに暗殺に向かっている・・・
裏と表
陰と陽
光と影
二つの世界が同時に進んでいく展開。

その非情さと痛々しさ、緊迫感、

室賀さんは最後まで武器を隠し持って反撃し、
最期まで生きようとしていたが。
その一方で
徳川に呼び出されていた時から、自己犠牲な感が漂っている・・・
なにか漠然とではあるが、そんな気がしていた。
自分の死によって、真田家(と国衆)の結束が高まる
・・・みたいな。
(ちょっと山南さんみたいでもあるか・・)

暗殺しようとする双方の気持ちが全く同じレベルだったとは思えなかった。

暗黙のうちに、自分の死をもって真幸にこの地の行く末を託していたような
それが、暗殺失敗の後ではなく、最初からその覚悟だったような・・・

思い込みかもしれないが、私はそんな風に感じた。

「近藤、鬼になれよ
鬼になって俺を食っちまいな」
と局長に浪士組の行く末を託した芹沢局長

でも、そうだからといって、あっさり斬られてやるわけじゃないのだ。
最後の最後まで命がけで戦うのだ。
それは武士としての誇りだろう。

今回の室賀さんの死までのいくつかの場面で、観ながら
「ああ、芹沢鴨暗殺を思い出す!」
と何回も口に出してしまった。
口に出さずにはいられなかった。
それほど感情が高ぶっていたんだと思う。

芹沢暗殺は、副長や総司が何度も斬りつけ、ようやく最後に絶命した。

まだ走り出したばかりの、経験も浅い若者たちが、
今まで修羅場をくぐってきた凄腕の剣豪を倒すのにはこれだけかかるということだ。
武士をめざしている未完成の若者たちが
サムライの完成形をやっとの思いで倒した・・・そんな感じだった。


しかし、真田丸の室賀暗殺は違う
(信幸もいたが)
戦国の修羅場をくぐり抜けてきた室賀と同世代の者たちによっての暗殺劇だった。

なのに、あれだけの修羅場になったのだ。
何度も斬りつける、あの凄まじいまでの壮絶さ。

ひとりの武士を倒すのに、あの人数あのメンバーでもあの修羅場。

どんな状況でも命を奪うということは並大抵のことではない。
人の命を奪うということの重みを感じて、見ていて恐ろしかった。

そして、奪った側にもその重みがずしんとかかり
その死を背負っていかなければならない・・・

そんなことを感じた室賀さんの死だった。

単に話の展開や状況が似ているというだけではなく、
なにか根底に流れるものが同じだったせいか
昨夜は組!の芹沢暗殺を強烈に思い出してしまったのだった。

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3750-356c4b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top