05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

伊賀越えとタヌキゅん

真田丸に谷三十郎キター

オープニングで「まいど豊」って出たからビックリしたぁ~
組!の谷三十郎が真田丸に出るとは・・・
で、役名が出なかったから、どんな役でいつ出るかいつ出るかとワクワク
三十郎キタ~~~~~\(^o^)/
明智側の手紙を真田パパに届けに来た使者が組!の谷三十郎(まいど豊さん)だった!
今回は引きの笑い声はなかった(あはは)

そんなこんなで、今回も見どころ満載じゃった\(^o^)/

特に

「わしは海を見たことがない」
と語る真田パパ

めずらしくメランコリックな語りだと思いきや
ホントは海を見たことあるじゃねえか~~
カッコつけて息子に語るのに嘘を混ぜてんのかいな(笑)
こんなシチュエーションでもホラ吹くパパが好きです
しかも、兄ちゃんに見破られてるし(笑)

国衆おのおのに明智から手紙が来てるのに自分のだけ残して燃やしちゃうパパ
自分をリーダーにしておくために1通の手紙だけを利用する・・
どんなものでも使えるものは使う、そんな抜け目のなさが好きです


で、タヌキぃぃぃ~~~

たぬきゅん

タヌキュン、カワエエ
キャワエエよ、タヌキュン

タヌキなオジサマたちが次々に出てくる中で
まさか本物のタヌキが出て来るなんて(笑)

すかす、あのタヌキ、タイミング良すぎじゃないか~
実は佐助が変身してるんじゃなかろうか(笑)

ああ、可愛かったタヌキ
これからも出てきてほしい(あはは)

でも

でも

そんなタヌキよりもさらにカワエエのがおったんじゃ(笑)

それは

い・え・や・す

アイ イー ワイ エー エス ユー
I EYASU

伊賀越えのうっちー家康さまが最高すぐる~~

いや、家康だけじゃなく
伊賀越えの徳川グループが最高過ぎて、
もうもうもうもう

何、あのかわいらしいおじさまたちは~~

忠勝さんが強過ぎて、頼もし過ぎて
なにげに竹やりをバッシバシと作ってる姿が頼もしい!!
なのにうっちー家康とおむすびを食べるとこがラブリー過ぎて

おっさん同士なのに、ごはんつぶ取り合っててて
まあ、なんて愛らしいんでしょうか(笑)

みんな必死なのよ
わらかそうとやってるわけじゃないのよ~
真剣なんだけど、必死なんだけど
そんな必死に頑張ってる姿って、必死過ぎるがゆえに
なぜか笑えるんだよなぁ・・・

そういうのがたまらんです。


服部半蔵の秘策はすべて
「押し通りまする」

「とにかく全力で押し通る」作戦

敵の軍勢がいようが
落ち武者狩りがいようが
崖っぷちであろうが

とにかく
「全力で押し通りまする」
のみ

いいのか、そんなんで(笑)

ウケてウケて、ツボに入りすぎて笑い死にしたもんね


今回、なにがおもしろかったって
天下が引っくり返るような一大事件が起きた時の、その情報の伝わり方!!

あの時代だから、情報をいっせいに共有できるわけじゃないのだ。
天下の一大事が伝わるのに、その立場、居場所によって微妙に時間差が出る感じ

それがすごく面白かった。

情報を得た時のリアクションも様々で
危機感のあるなしやら、損得勘定やら
それぞれの思惑が絡んでおもろい。

そんなバタバタの中で、天下統一の夢の実現を語る滝川さんがしみじみとしていて切なかった。
だって、もうその夢を叶えてくれる信長はいないのだから・・・

天下を統一して世の中が落ち着く・・・
それを聞いて戸惑う真田パパ
それが「途方もないことだ」としか思えない彼を見ていると、
「真田昌幸は生まれてからずっと乱世で、乱世しか知らないのだなぁ」
と思えてきて、なんかちょっと切なくなった。


予告に秀吉キタ~~~
来週は秀吉さまが出るのか・・・

だったら、もう見せてくれよぉぉぉぉ~~~
豊臣方のビジュアル、早くうううううううう

スポンサーサイト

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3676-ab59d103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top