07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

マハゴニーの退廃

マハゴニー友から教えてもらった!
友よ、ありがとう

エンタメ批評家・ジャーナリストの阪清和さんのブログにマハゴニー情報が!


「ミュージカル「メンフィス」で高い評価を受けている山本耕史を主演に」

おお!耕史くんが主演なのか~

「自由と歓楽を売りにして荒野に作った街が、やがては拝金主義や人々の暴力などで崩壊していく様をアイロニックに描いた作品」

おお!
めっちゃアタシの趣味ど真中じゃないのさ~~

そうだろうとも
そうだろうとも

だって、ボウイさまが好んで歌った曲がこの作品のものなんだもん!!
その世界観はボウイを触発するものだったんだろうし
それはとどのつまり、アタシの趣味そのものだろうってことだす。

まったくどんな舞台になるのか、全然わからないが・・・

描き出される世界観は、
「絶対にアタスの好きな」
「アタシがどハマりするような」
そんな世界観だろうということが今の段階でも断言できるぜぃ!!

だって、アラバマ・ソングって、初めて聴いた時から、今まで
何度聴いても魔力があるのだ。
不思議な旋律、奇妙な歌詞、心が不安定になるようなメロディライン
#や♭だらけで、やたらと転調が多い
最初の旋律と、中盤のさびが、テンポも雰囲気も全然違うし
「ちぐはぐで奇妙な旋律で、頭の中をかき乱されるような曲」
・・・それが聴いた時の感想だった。

ま、これはあくまでもボウイのアレンジで歌っているんですが・・・

歌詞も、とにかく同じフレーズの繰り返し

Well, show me the way, to the next whiskey bar
とか
Show me the way,to the next little girl
とか何度も懇願して、
それができなきゃ
I tell you we must die,
I tell you we must die
ってしつこいほど繰り返してるもんね
さらに
I tell you, I tell you, I tell you we must die
って、もうしつこいぃぃ~~~(笑)

(これはボウイ版の歌詞で、原曲は女性が歌うので、to the next little boyとなっているそうです)


いいから次の酒場に連れて行ってくれ
そうしないと死ぬから
早く次のおねーちゃんとこに連れて行ってくれ
そうしないと死ぬから、ホント死ぬから

みたいな歌詞なんだもんね・・・

酒よこせ、女よこせ、そうしないと死ぬから
死ぬからマジで~
ってどんだけ切羽詰まってるんや~~(笑)


メロディラインがホントに退廃的で
閉塞感があって、自暴自棄で
なんかこう自堕落な雰囲気・・・

このマハゴニーは第一次大戦が終わり、第二次大戦がはじまる前のドイツの作品なのだ。
その場限りの享楽を求める退廃的な香り

うううう~

趣味過ぎる、この世界観・・・



それを仕掛けるのが白井晃で
それを演じるのが山本耕史

なんだから、もう期待しかないよぉ~~

どんなに難解でも、どんなに不条理でも
受けて立つぞ、おー!!!

楽しみすぐるううう

スポンサーサイト

カテゴリ: マハゴニー市の興亡

tb: 0 |  cm: 3
go page top

この記事に対するコメント

来るト!

舞台情報が出る前日くらい、白井さんの夢を見たんですよ。
三谷大河関連のステキな金縛り放映で中井さんのお芝居を見たからだと思いますが。夢は中井さん主演舞台に出ておられた白井さんの姿でした。

そのすぐあと耕史君舞台のお知らせを見るやいなや私の頭に謎のメロディーが押し寄せて消えない。レクさまのボウイさまなのか。
・・違うはず。三文オペラさえも見たことない聞いたことない縁がな・・・あったかもちょっと。

ついさきほどです。「ブレヒト/クルトワイル」と背表紙に書いてある古いファイルを発見しました。
英語版のスクール・オペラで、添えてあるつたない日本語訳はむかーーーし私たち(学生)が分業で考えたものです確か。
新鮮だったですよぉ好きでした。クルトワイル(当時は表記がヴァイルじゃなかった)のリズムやリピート、ひねた和声が。
そして、私の頭によみがえってきたメロディーというのは終盤のヤマ場のものだったと判明しました。連想イメージ検証できました。

白井さん耕史君、というだけで優良品質保証は間違いなしですけど、こーじくんの歌が聴けるのも間違いないしレクさまと私の好みであるのも間違いない。太鼓判さで興奮します。

療養期間もリハビリ期間もたっぷりありますから足をしっかり治療していただいて、楽しみに待ちましょうね。
今年もどうぞよろしく。
URL | タイム #EKsGaSlY
2016/01/22 22:20 * 編集 *

追伸

先ほどのコメントアップされてみたら説明不足のくせに長すぎでした。これから推敲すると以前のようにまた「消えた夢コメント事件」になりそうなので別くちで注釈を。

私が思い出した「スクール・オペラ」は題名でなく学生用ということです。ちょっと原題がわからなくて。また
「マハゴニー市の興亡」とは違う作品です。しかし同じBRECHT&KURT WEILLなのでテイストは似ていると思います。
学生用作品で、これだけ、不条理なんだもん。
大人用は、どれだけ、白井さん好みか推して知るべしって妄想しました。
アートな耕史君に会える!
URL | タイム #EKsGaSlY
2016/01/23 00:54 * 編集 *

お見通し

タイム殿

療養&リハビリ期間・・・
さすが、タイム殿、
お見通しですなぁ^^;

実は思ったより重症で、
実はひどい骨折で
実はかなりまいっていて
じぇんじぇん身動きとれないつらい日々でありんす

あははは~

精神的にも落ち込んでて、
時間がありすぎるのに無気力でなにもやれず
ただただグチグチと後ろ向きに過ごしていました。
すかす、この舞台情報

我々のど趣味っすよ、マジで\(^o^)/

学生時代にブレヒトオペラの和訳
すごいなぁ
すばらしい
ワタシなんか勉強せずに京都の街を飲み歩いてばっかし
居酒屋専科でしたらか(笑)

「ブレヒトで山本耕史なら三文オペラ!!」
という予想をはずしてこの作品が来るところが
さすがは白井さんだ~~

ってことで、少し気もちが前向きになりました

嬉しいコメントありがとうございます
Danke schÖn (^。^)ノ
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2016/01/27 09:03 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3662-eb1b92f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top