FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

うらなりさん(5)

涙の告白

やはりリピするのは、圧倒的にここが多い

哀しい送別会から告白までのうらなりさん
ここは特別だ。

まず、コーヒーカップ持つ時、一瞬カチャリンっと鳴る
これでうらなりさんの持つ手がわずかに震えているのがわかるのだ。
この音で、うらなりさんの緊張が伝わってくる。


マドンナと向き合って、「それから」を連発するうらたん

特に最後の「それから」三連発が見事だ!

それから
それから
・・・
それから

文字で表すとこんな感じ

それから
それから
・・・
それから

これが好きだぁ~
特に最後の囁くような声の「それから」がたまらん
次に続く言葉をためにためた感じの「それから」

そして、間

そして、「好きです」

いっきに自分の気持ちを吐露するうらなりさん

ここは何度見てもやられる
何度見ても胸がしめつけられる

涙が出てくる

いっぱいいっぱいなんだもん
一生懸命なんだもん

「好きです」
「あなたのことが大好きです」
これを言うのが、うらたんにとってはどんなにたいへんなことか
どんなに頑張っていることか

一世一代の告白なのだ。

この一生懸命さが胸を打つのだ。

ああ、この涙
得意技なんだけど、感動するううう

この場面のうらなりさんに、こんなにも心を打たれるのは
うらなりさんのまっすぐな気持ちにやられるから、

と同時に、

「ああこれこれこれだこれだ!」
「これなのよ!これ!これ!」
役者山本耕史の仕事を久々に見ることができた~
という嬉しさもあるのだ。

去年の後半からはバラエティ続きで、
なんだか本業に飢えていた気がするので^^;

「役者山本耕史の素晴らしさ、凄さを、久々に実感できた!!」
っていう、そんな気持ちもあって、さらに胸あつなのかもしれないっす。


立ちあがってコーヒーを飲むとき、
少し口からこぼれているのもカワエエ~

涙を無造作に拭く、その手つきが幼くて、カワエエ~

いじらしいなぁ、もう

可愛くていじらしくて切なくて、
ホントに愛おしい人だ、うらなりさんは。

そんな彼を見ていると、泣ける。

可愛すぎて泣ける。

天使過ぎるよぉ~~~


スポンサーサイト



カテゴリ: 坊ちゃん

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3646-95e75043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top