07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

総裁番組と楊洲周延浮世絵展

やっとお歳暮のバイトも終わりまひた\(~o~)/
ふはぁ~~~

いっきに疲れがどっと出た・・・

あまりに忙しい日々で、コメントのお返事もままならず、
ホントにお待たせしてて申し訳ございませぬ

今日はクリスマスツリーやら飾りつけを片づけ
たまった洗濯物を片づけ
ほこりまみれのリビングを掃除して
局長・副長の写真タテを新しくした。

局長・副長


土方史料館公式ツイで楽しみなお知らせが

ラブリンの歴史番組で副長回がオンエアされるとな!!

2016年1月7日 BS日テレ
『片岡愛之助の歴史捜査』土方歳三死の真相


箱館の副長がメインテーマで、土方史料館での兼定の撮影もあったとか

総裁を演じたラブリンが副長を語ってくれるのか
きっと、組!!のことを思い浮かべて、実感しておられたのでは・・・

なんか嬉しいなぁ
総裁が副長を語ってくれるなんて

必見じゃぁ~~~

(ちなみに、この番組のラインナップを見ると、関ヶ原や真田家についての回が続くようで、それも楽しみっすね)


バイトの終了と共に、高幡不動にて特別展示されている楊洲周延浮世絵展へ行ってきました。
(展示期間は11月までだったのが延長されているらしいので、1月でもまだ見られるようです)

高幡不動の本堂からずっと奥まったところにある大日堂。

大日堂には副長のご位牌や土方家の代々のご位牌、新選組隊士の合同慰霊の大位牌等などがあり、館長さんがお母様と箱館の旅をされた写真なども飾ってあります。
(※副長のご位牌や土方家の代々のご位牌は土方家のご仏壇にもあるそうで、明治まではご位牌は同じものが対になって作られていたようです)


「土方歳三と宮古湾海戦で共に戦った絵師~楊洲周延浮世絵展」

1451117938202.jpg

楊洲周延さんは高田藩士で、あの歌川国芳から浮世絵を学んだお方だ。
戊辰戦争のときは、神木隊として上野戦争で彰義隊と共に戦い、その後は榎本艦隊で蝦夷へ・・・
なんと、宮古湾海戦では副長と共に回天に乗り、負傷しながらも生還したお方なのだ。

神木隊として箱館戦争を戦い抜いた武士が、浮世絵師として生きた明治・・・

そんな楊洲周延さんの浮世絵は、とにかく色使いが鮮やかで、帯も着物も柄ものが多く、その絶妙な色の組み合わせのセンスが素晴らしかった。
白虎隊の隊士を描いたものもあった。

庶民ではなく、高貴なご婦人方の絵が多くて
特に千代田の大奥シリーズは本当に素晴らしかった~
贅をつくした粋なお遊びや優雅な四季折々の宴
そんな中で生きた大奥の方々の姿があでやかで生き生きと描かれていました。



神木隊は、高田藩を脱藩した藩士で結成された隊で、
主君の榊原家「榊」を解体して「神木」隊という隊名にしたと言われている。
上野戦争、会津戦争、そして箱館戦争にも参加しているのだった。

神木隊の慰霊碑は東京にあるのだ!
池袋の本立寺に神木隊戊辰戦死之碑が建っている。

その慰霊碑を訪れた時のレポは拙宅のこちら

神木隊の隊士として戊辰戦争を歴戦し
副長と共に宮古湾の回天で戦い、重傷を負った・・・
その武士が明治では浮世絵師となり
平成の世で、こうして副長の菩提寺である高幡不動でその作品の展示がある

・・・・何ともいえない感慨がありました。

スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3626-696d9883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top