FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

MAGNUM1031

メンフィス

HEDWIG

マハゴニー市の興亡

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

鳴門秘帖

Links

RSS Field

All Entries

Search

SOZAI

Powered by FC2blog

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

「蹴り殺されたいのか」

「蹴り殺されたいのか」

この時のヒースの顔があまりにもすさまじい形相で
観ながらたじろいでしまった。

ここまですごい顔をしていたなんて・・・

だからこその、あの声の迫力だったのだ。


恐ろしい
本当に恐ろしい

でも、哀しい

孤独と絶望ゆえの怒りが恐ろしくも哀しいのだ。

スポンサーサイト

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3517-3d911a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top