FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

MAGNUM1031

メンフィス

HEDWIG

マハゴニー市の興亡

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

鳴門秘帖

Links

RSS Field

All Entries

Search

SOZAI

Powered by FC2blog

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

狂おしいまでに

嵐が丘を観た

ああ・・・

凄かった


あまりにも余韻があって、しばらくはかえってリピできないなぁ

萌えるとか、そういうのも、今はまだ余裕がなくて・・


オンエアのリアタイはあきらめ、早々に寝て
夜中の3時に起きて、観た!

あっという間の3時間半だった

どの方も素晴らしい

でも

やはり

ヒースの最後の独白があまりにも心に突き刺さって苦しい

舞台ではあんなにアップで観れたことはなかったから

あの悲愴と苦悩に満ちた顔

ぎりぎりのところで絞り出すように呻くように言う

「狂おしいまでに会いたい」

これがあまりにも突き刺さってしまい
「余韻」というより「衝撃」の後の「呆然」と言った方がいいくらいだ。

何度も舞台で観てきた場面なのに、この衝撃の大きさといったら・・・
真正面からのドアップの破壊力よ!!!


ああ、苦しい

そう思って夜明けを呆然と迎えていたら
ヒース友からのメールが来ていた

「余韻に浸ってて
意外にリピできないです」

・・・と。

友よ、まさにおんなじです

ほんと狂おしいよぉ~


スポンサーサイト

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3516-70dea645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top