07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

美しい…

毎晩『薄桜記』
毎晩テンゼンさま

昨夜の第三話も夢中で観た!

何度も観ているのに、初めて観たとき同じように夢中になれるのだ!


ああ、それにしても美しい

特に、お家断絶を申し渡された後に
千春殿に武士の本分を語る典膳さまは本当に美しい・・・

見ていると泣きそうになるほどの美しさだ

「凛とした美しさ」

この言葉がこんなに似合うサムライは他におらん!!

武士としての揺るぎない信念があるからこそ
あんなに苦境に立たされていても生き方は前を向いている

その揺るぎなさが、凛として美しい
そして品格がある。

ああ、美しいなぁ
本当に美しいサムライだなぁ(涙)

その美しさに泣けた

信念があるからこそ、前向きに生き
その信念があるがゆえに散ってゆく

その美しさよ・・・



実家へ帰るように諭されて、目にいっぱい涙をためている千春殿を見ていたら泣けてきた。
どうも、今回は千春殿の涙を見ると一緒に泣いちゃうんだよなぁ・・・


そして

長尾家へ返される夜
ひとり駕籠に乗って神妙な顔の千春殿

このシーンを見たら、すごく切なかった。
前に観たときよりもグッときてしまったのはなぜだ~~~


・・・


・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・


ああ、そうか
そうだった!

そういえば最終話でも、千春殿はひとり駕籠だった。

そうか、あのシーンとリンクしてしまうから、こんなにも切ない気持ちになったのか…


何度観てもそのたびにいろいろと新しい感情が生まれる作品って、めったにない!
本当に心に響く作品だからこそなのだ


ああ、それにしても典膳さまは美しい

何度でも言いたい、美しいと

美しいサムライだ

ああ、美しい・・・
泣けるほど美しい・・・



スポンサーサイト

カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3441-28aa7810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top