FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

永遠のかっちゃんとトシ

ナビスマイル

最初に読んだときは
「あっはは~」と声に出して笑ったり
「うんうん」とうなずいたり
「かっけ~~」と見惚れたり
「そうきたか」と喜んだり

突っ込みいれながら、何度も何度も読み返して
笑ったり、しみじみしたり

ただただテンションが上がりまくって
祭り状態だった
\(~o~)/\(~o~)/\(~o~)/

その勢いで、熱くうざい悶え記事を書こうとしていたのだが

・・・

・・・・

・・・

でも、

なんか、

ふと

泣けてきてしまった


どの写真もツボで、どの写真もお宝なのだが
このナビの中でも最高にかっけー2人の写真がある

“見開きでの窓辺の2人”

この写真があまりにも局長と副長で
いや
あまりにも「かっちゃんとトシ」そのもの過ぎて

特に、副長の、あのポーズとあの顔

「やってやるぜ」

という声が聞こえてきそうな、組!の土方歳三そのもの

そして、その傍らで、余裕で構えている懐の大きさのある局長
これもまた、組!の近藤勇そのもの

2人共、オンエア当時より格段に精悍さが増して落ち着きがあるのだが
それゆえ、さらに戦闘モードな雰囲気を感じてしまう

なんだかこの2人を見ていると、局長の最期の台詞を思い出すのだ

「トシ・・・」

この最期のひとことにこめられた思いは
「ありがとう」でもなく、「あとは頼む」でもなく

「トシ、次は何をしようか」

だったと。

これは、ほぼ日のチャノミバで実際に副長が語った、局長最後の台詞の心境なのだ。

“最後、近藤勇が「‥‥トシ」って言うじゃないですか。
あれ、どう台本に書かれてたのか、ご存じですか?
「トシ」とだけ書いてあって、そこに込められているのは、
「ありがとう」なのか、「あとは頼む」なのか、
それは香取君に委ねられるっていう感じだったんですよ”

“ 終わったあとで香取君に、
「あれは心の中でなんて言ったの?」
っていう話をしたんです。
そしたら、香取君が言うには、
ああいう場所に座らされて、首をはねられる直前だけども、
多摩にいるころに歳三といっしょに遊んでるような気持ちで、
『トシ、つぎは何をしようか』って思ったそうなんです”

(ほぼ日刊イトイ新聞 チャノミバfrom山本耕史
『土方歳三、かく語りき』第7回「近藤勇の、最後のセリフ」より)


「トシ、つぎは何をしようか」


ナビの窓辺の2人の写真を見ていたら、このエピソードを思い出して、なんだか泣けてきてしまったのだ。


(あくまでも大河ドラマ『新選組!』の世界での近藤勇と土方歳三ってことですが)

局長が板橋から奇跡的に脱出して、副長と二人で蝦夷へ渡ったら
こんな2人だったんじゃないか

局長も洋装して、2人で窓辺に座っている・・・

「さあ、次は何をしようか」

そんな妄想まで湧いてきた。

そこでは、コルクが無事に2人の手元に戻っているのだ、きっと。


「さあ次はどうする、トシ」

「やってやるぜ、かっちゃん」

そんな声まで聞こえてきた


あれから10年以上が経ち、それぞれの道を歩んではいても
こんな風に一瞬にして「かっちゃんとトシ」に戻れる2人

「演じた」のではなく、本当に「生きた」からこそ
2人の中で「かちゃんとトシ」が生き続けている。


コルクは永遠に存在し続ける・・・



大河ドラマ『新選組!』はワタシにとって本当に不思議な世界だ

もちろん、ドラマだから、フィクションであって史実ではない
史実を正確に再現したものでもないし、
(そもそも史実だって、そこに実際にいたわけではないし、本人でもない。残された資料や証言をもとに組み立てているだけだし)

史実とフィクション、そのどちらにもあてはまらない、
なんとも不思議な、だが強烈な世界

その世界に生きている「かっちゃんとトシ」

ワタシにとってはその世界もまた現実のような気がする・・・


そんなことを考えていたら、なんだか泣けてしまった

ああ、永遠のかっちゃんとトシなのだ

ああ・・・





で、

泣けてきてなんですが(え)

人間の足首を見て、こんなにもその美しさに感動したのは初めてじゃ~

なんざ、あの副長の足首はああああ~

甚兵衛姿の全身写真っすよぉ

美脚はわかってはいたが・・・
あらためてこんな風に生足を、しかも膝から下だけ見せられると
あまりにもふくらはぎの筋肉のつき方がパーフェクトで、震えたぁぁ

足首の細さよ

んでもって、
「こりゃ、どこまでが足首なんだぁ~」
と吠えたくなるような
長く細く、まっすぐに伸びている
足首の延長的な美しさ

その上にあるのは、これまた美しい筋肉

このパーツごとの美しさと
トータルで見た時の美しさが絶妙過ぎて~

も~~~~~

どうすんだ、これ(悶)


いろんな意味でお宝だった、ナビスマイル

感涙の記事を書いてても、最後はこんな風に悶え記事になるのよね

あははは~




「うちの道場にこないか」

「考えとく」


足首とは関係ないけど、ただなんとなく書いただけっす(笑)

「そんなシメでいいのか」(by 副長)

あははは~

スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

そうですね💨💨あの二人に言葉は必要なしですから これからも 人生の友でいて欲しいです お仕事もう少し頑張って下さいね😄
URL | コーママ #-
2015/07/11 23:51 * 編集 *

泣けました

レクイエムさま
初めてコメントさせていただきます

>コルクが無事に2人の手元に戻っているのだ、きっと

これを読んだときに涙が出ました。
まさかナビスマイルの記事でこんなにも泣かされるとは思っていなかったので、やられました。
2人の対談の記事をこういう視点から書いてくれるのはここだけです。
組!を愛する者としてとても嬉しい記事でした。
さすがですね。
こちらのブログは愛があふれていて、読む側の心を動かします。
最後のシメも楽しいです。
泣かせる記事を書いた照れ隠しなのかな
そんなレクイエムさまのブログの大ファンです。
いつも読み逃げでしたが、どうしてもコメントを入れたくなりました。
長文で失礼しました。
URL | 北の住人 #-
2015/07/12 07:58 * 編集 *

がんばります

コーママ殿

励ましありがとうございます。
副長と耕史くんを心の支えに
バイト完走へ向けてがんばります!
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2015/07/15 07:33 * 編集 *

ありがとうございます

北の住人殿

コメントありがとうございます。

コルクに反応してくださって、本当に感激っす!
実は、自分で書いてて涙が出ました。
2人共、コルクを手放した時が最期の時だった・・・
あのコルクは2人の運命を象徴していましたよね。

オンエア当時
「たとえ映らなくても、必ずコルクを身に着けていた」
という山本副長の気持ちが嬉しかったです。

いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。
これからもよろしくです(^_-)-☆
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2015/07/15 07:38 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3400-23ce157f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top