FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ムシル

舞台が終わってから、ガンガン仕事してますな、コウジヤマモト
ロケだったり、連ドラだったり、映像系のお仕事が目白押し!!
ホントにありがたいっす(^^)/

モチロン、嬉しいし楽しみではあるが・・・

でも、こっちはまだ「ヒースクリフがいない!」状態



そんなヒース病をかかえたまま、土日は草むしり三昧だった。

土曜日は、町内会の神社の草むしり
(各町内に神社があって町内ごとのお神輿が奉納してあるのだ)

日曜は、我が家の草むしり

両日とも一心不乱に草をむしり続けたんで、
今朝は満身創痍^^;
肩やら腕やら腰やら臀部まで痛くて、湿布まみれ(情けねえ)


神社の草むしりは、町内のみなさんと一緒なので、
それなりにお話しもできたし
ここを見守ってくださる神社の神様のためにと思えば、
シンドイけど楽しかったんだが・・・

自宅の草むしりはひとり作業

なんでここまで放置してたんや~~~~

と叫びたくなるほど草ぼうぼう過ぎて笑うしかない状態の雑草群

庭と呼べる代物じゃないほど狭い空間なのに、
なんでこんなにびっしりと・・・

そこへたったひとりで立ち向かってるから、孤独過ぎて苦しい

ひたすらむしってむしって
根っこを掘って、むしって、掘って、むしって
掘ってむしって掘ってむしって、むしってむしってむしって、掘って
むしってむしってむしってむしり続けた。

一心不乱になにかに没頭しているときはヒースクリフ様のことを忘れられる!!

そう思って、ひたすらムシルムシル

汗まみれで、ほこりまみれになりながら

ムシル掘るムシルムシルムシル掘るムシルムシル

鬼気迫る形相でムシル


あまりに集中したんで周囲の声も音も聞こえない、サイレントな世界でむしり続けた
(バカっすよね、あはは)

と、ヒースを忘れるためにむしっているのに
ヒース様の墓堀の場面が蜃気楼のように浮かんできてしまった。

「俺とキャサリンを隔てているのは、掘り返したばかりの柔らかい土だけだと思うと」(by ヒース様)

と、ひたすら堀り続けるヒース様の姿が・・・

いかんいかんと思い、振り払って、しばし休憩し、水を飲んで一息

そして、またむしり始めたら

今度は、自分がヒースクリフさまの墓を掘っているという妄想が湧いてきてしまった。

ヒースクリフに会いたい一心で、狂ったように土をかきむしる自分。

土まみれの指が棺桶にあたり、カンの扉を開けると

そこに眠るのは、美しいままのヒース様
じぇんじぇん腐敗してない、美しい姿のまま棺桶の中に横たわっている・・・

「久しぶりにあいつの顔を見たら、その場を離れられなくなった」
(by ヒース様)

ヒース様の目を閉じた顔が美しくて見とれているアタス


・・・どちらかというと、それって吸血鬼じゃね!?(笑)


んな妄想しつつ、草むしりは終わった。


いくら一心不乱に草をムシっても、
結局は、ヒース様から逃れられず、
草をむしって妄想し、
最後には胸をかきむしったのであった。

バカとしか言いようない・・・・

「まったく救いようがないな」
(by モーツァアルト)

♪あそこにいるのはバカな人だけど~♪
(by フェリシア)



汗と埃と土にまみれ、妄想しすぎて疲れ過ぎて
うつろなまま立ち尽くすワタス

汚すぎて犬も寄ってこなかった・・・

「本当に汚いわねぇ」

「汚いのが好きなんだ
もっと汚くしてやる」

ああもう・・・これだから・・・

スポンサーサイト



カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3361-f4901aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top