09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ねっとりkiss

昨夜のソワレはかなり後ろの席だったので、舞台全体を見ることができた。

幕開きの、まるで油絵のような世界や
雷鳴と稲光の丘の様子や
嵐が丘の屋敷全体から醸し出す絶望感
何もかもが浄化され、開かれたような開放感のある光の丘
・・・などなど、美しい舞台デザインを堪能できた。

で、一般席だったので、今日初めてで1回だけという方も多かっただろう
スーツ姿のビジネスマンやご夫婦や親子など様々・・・

中でも、お隣のマダム風の方のリアクションがツボった

始めは、誰が出てきても、ちょっとだけオペラグラスで見てみる
・・・というリラックスした感じだったのだが、
二部で黒ヒースが登場した瞬間に
「ヒィっ」
って息を飲む音がした(あはは)
で、座りなおしてオペラグラスで食い入るように黒ヒースをご覧になっていて、その後はヒースさまが出てくるたびにオペラグラスでロックオンな感じだった!
なんつうかヒースが出てくると、そのマダムから緊張感が漂うのだ。
ぐっと集中している感じがして・・・

その気持ちわかるぜよ(あは)


拙者も黒ヒースは悶えヒースだらけで、
何度見ても、登場すると変な声が出そうになるもんね^^;

まさか実際に出ていないだろうな(あはは)

悶えてばっかし
悶えポイントだらけ
悶えすぎてでろでろになる、毎回

悶えクリフ語りは、あとでじっくりねっとりうざく書きたい!!


「ねっとり」といえば、黒ヒースのイザベラへのご挨拶のkissだ

ご挨拶のkissにしては、ねっとり過ぎるううう

ちゅ」って音がしそうなくらい吸い付いてるんだもん
その吸い付き加減が、ねっとりで、エロいいい

ま、日によって吸い付き度が違うのだが・・・
「ね~~っとり」だったり「プチねっとり」だったり「あっさりねっとり」だったり

なんだ「あっさりねっとり」って((笑))

初対面のご挨拶のkissって、こんなにねっとりしないだろ、ふつうは。

でも

このねっとり具合が好きだぁぁ
エロいから好きだぁぁ

で、

ねっとり吸い付いたkissをイザベラの手にした後に、
一瞬イザベラに向ける眼が、もうほんとに魔性の目過ぎて~~~

「悪い顔になったわね」(by お琴さん)

ここも日によって違う
あまり魔性光線がないままあっさりだったり
めっちゃ粘着質のある目だったり
じわ~っと見たり
さらっとしていたり

粘着光線、大好き~~~
ねっとり大好き~~~

だから、ねっとりしてほしい~~~
ねっとりバンザイ\(~o~)/



黒ヒースがスラッシュクロスのリビングで椅子に腰かける場面は2つ。

1回目は「なぜベスこれベス」の時
(「なぜベスこれベス」については後ほど((笑)))

2回目は、ロングジャケットを羽織ったままの時

座った瞬間にわかる座高の低さよ

膝から下が長すぎて萌えるううう
しかもロング黒ブーツなんだもんなぁ

美脚じゃぁぁぁ~~~(狂)

2回目の椅子座りの時、今までは脚を組んでいたのに
最近は組まなくなってちょいと残念・・・

組まない方がワイルドな感じが出るからかもしれないが・・・

脚を組むと、さらに美脚黒ブーツが映えるんだもん!
組んでくれ~~


座るときに黒くて長い上着の裾を裁く姿にも悶えるううう

カフスを触るというおなじみの仕草にも萌えるし
ポニテをなおす仕草にも萌える

昨夜は、両手で髪をなでつけて「かっこいいオレ全開」な仕草がプラスされていたから、さらに悶えたもんね

「刀の時代は終わった。
おれは姿形から入るんだ」
という時の洋装副長の仕草を思い出して悶えたっすよぉ


視線が先で、首があとからついてくるところも好き~~~

誰かを見るとき、単純にそっちを見るんじゃなくて
まずギロロ~っと眼を動かし、それから視線の方向へ首が動く

いったん眼が下へ向き、その後じわああ~っとななめから見上げる感じの「ねっとり視線」なのだ~

この「ねっとり視線」は、頼長さまの時に何度も出てきたなぁ・・・

うひゃひゃああ~~~
悶えるうううう

ねっとりバンザイ~~~\(~o~)/


悶えてばっかし(あはは)

そういや、拙者の悶え語りも、かなりねっとりだな((笑))






スポンサーサイト

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3343-eaace279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top