07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

局長の佩刀

昨日から怒涛の副長強化週間が始まった。

5月9・10日のひの新選組まつりへ向けての1週間
土方資料館も連日の特別開館が続く。
(開館日詳細は公式hpのこちら


昨日の開館からは、局長の佩刀の特別展示も始まった。
局長の佩刀をこの目で見ることができて本当に感動だった

「近藤勇佩刀・丹波守藤原照門」

局長の佩刀が現存するなんて
そして、その佩刀を実際に見ることができるなんて
しかも兼定と共に・・・
こんな奇跡のような空間があるなんて
あまりにも感動し過ぎて震えました

局長の佩刀の展示は、いつもなら副長戦死後の明治の資料が展示されている場所にあった。
土方資料館の展示のいちばん最後のコーナーにあたる。

館長さんが
「近藤局長の佩刀は、やはり展示のトリを飾っていただくのがふさわしいと思って、ここにしました」
とおっしゃっていた。
館長さんの局長への敬意と尊敬が感じられて、この位置だけでも感動した。

さらに、

兼定と並列に並べての展示ではなく、角をはさんでの展示なのだ。

この位置だと、二つの佩刀がちょうど向かい合っていて
ふたつの刀身が呼応し合っているような位置なのだ。

局長と副長が向き合ってお互いを見ているような
局長と副長が何か会話しているような、
・・・そんな位置関係の展示になっていて、ますます胸が熱くなった。


局長の大きな肖像画をバックに展示されている
初めて見る局長の佩刀

この刀を多摩の縁戚に形見として置いていったのは、甲州行きの時だそうだ。
ということは、新選組局長として京都で活躍していたときに、局長の手元にあった佩刀のひとつということになる。

一見すると、鞘も鍔も黒一色。
(正確には鍔は鉄の透かし)
縁(柄つかが鍔つばに接する部分)にわずかに模様が入っている他は全て黒一色に見える。
(刀の名称についてはこちらを参照)

兼定と比べると、少し太くて短めでかなりそっている。

質実剛健な局長にふさわしい刀だ。

そして見てはっきりわかるくらい刀身が鞘より短いのだ。

普通はあつらえたときに、鞘と刀身はぴったりになっているはず。
完成した時(江戸中期)はもっと刀身は長かったらしい・・・
そして局長が実戦用には、
「もう少し短めがいい」
とカスタマイズしたのではとのこと。

実戦での感触で、刀身を短めにあつらえ直したのではないか・・・と言われているそうだ。
(例えば、京の室内戦では短い方がいい~とか)


また、刀身の刃先をよく見ると、刀身全体で自然に少しずつ細くなってるのではなく、刃先のあたりだけ急にシュッと細くなっているのだ。
これは、もしかして、刃こぼれしたためにかなり研いだせいなのでは・・・

そんなことをいろいろ考えると、
「この佩刀は実際に局長が実戦で使っていたものに違いないのでは・・・」
と思えてくる。

※あくまでも刀を見た時のワタシ個人の感想です


こんな風に局長の佩刀の展示というだけでもすごいのに、さらに副長の兼定と同時に見ることができるというのがあまりにも贅沢この上ないことだ!!

鞘の色味や鍔の模様、刀身のフォルムなどを兼定と見比べることで、2人の個性の違いがわかって本当に素晴らしい展示なのだから!

こんなに素晴らしい展示の場を設けてくださったご子孫の方々に心から感謝します。


昨日の土方資料館の風景

5・2・1

兼定刀身初日に比べて少し混雑が緩和していました
入館待ちの列もとぎれている時間帯があったり
5・2・3

新しいグッズもいっぱい
Tシャツもかなりみなさんが買っていかれていました
5・2・2



今年もあるのだ、歳三弁当(詳細は資料館日記のこちら

資料館入口付近に大きなポスターが(あはは)
去年もオイシカッタけど今年も違うメニューでおいしそう
我が家の分を早速予約しました!

※お弁当の予約は、おおまさ寿司さんの予約専用ダイヤル:042-660-5122で。
土方資料館では予約の受付はやっていません。
 
5・2・5


昨日は資料館に兼定のご子孫の方が来館されたとのこと。
近藤局長の刀と副長の刀、そして兼定のご子孫と副長のご子孫が一堂に会すなんて、なんという奇跡のような出来事だろう・・・
幕末は本当に近いのだとつくづく思いました。



スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

Re:

はじめまして。今日、土方歳三資料館へ行って来ました。開館直後なので、あまり並ばないで入れました。きれいにお手入れされていて、「芸術品」でした。近藤さんの佩刀のオーナーさん、見えられていました。
URL | やぶひび #amXlFcx2
2015/05/11 22:07 * 編集 *

ありがとうございます!

やぶひび殿

コメントありがとうございます!

早めの開館で、ゆっくり見ることができてよかったですね!
昨日も平日なのに混雑していました~

局長と副長の佩刀がお互いを見つめあっているように展示されているのは、本当に感動しますよね。
ご子孫の方々が大切に守ってこられ、それを公開してくださることにただひたすら感謝です。
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2015/05/12 09:42 * 編集 *

Re:

一昨日、土方歳三資料館にお見えになったのは、刀工・兼定のご子孫の方でした。間違ってすみませんでした。
URL | やぶひび #amXlFcx2
2015/05/13 07:18 * 編集 *

いえいえ

やぶひび殿

いえいえ大丈夫です!(^^)!
局長の佩刀を出品してくださった原家のご当主も、二度にわたって資料館に来て下さり、来館者に解説をしてくださってますから・・・

もうすぐ佩刀の特別展示が終わってしまいますなぁ・・・
二人の佩刀がこうして今一緒になっているのが奇跡のようです。


URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2015/05/15 09:44 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3301-bbaea3ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top