FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

今さらながら運動会(1)

やっと時間がとれて
今観始めた、運動会!!

遅い~~~

今さらですが

で、

観始めてからもう20分近く経つのに
まだ選手宣誓の前~~~

遅い~~~~~

だってだってだって

「入場」と「ボクの彼女紹介」がツボ過ぎて
「ここだけリピ」が止まらんのよぉぉぉ
こっから前に進まん!!

登場・入場からもう嬉しいわけで

だって、あのポジション

まさに副長ポジ

局長がいれば、いつだって副長がいる

局長の隣にいる副長
公務じゃないときはガッツリ隣
公務の時は局長よりやや下がり気味に隣

運動会でもこの感じがおんなじなんだもんねっ!

旗を持って登場する局長からやや下がった位置での副長のあの感じ
2人だけじゃなくてチームを従えての登場だから、なおさら感じる
あの公務の時の副長ポジション!!

ああ、もう、やだぁ~~~
だってツボ過ぎるんだもん

で、例の「彼女紹介」がまた、もうもう
予想通り過ぎて・・・

いや、予想とは微妙に違ってた・・・

もっとうひゃうひゃしちゃうかと思ったが
何だろ、あの安定感は~~~
ゆるぎなさが強すぎてワクワクせんなぁ(笑)

周りから納得され過ぎてるのがツボじゃ
密かに応援してきたのに、ここまで周囲に認められて(笑)
なんか一抹の寂しささえ感じるぜ(あはは)

「よろしくお願いしますっ(ウフ)」

これが、顔はそのままでハンパにおねえ言葉っぽい言い方なのだ。
このハンパさが、かえって妙にイヤラしい

で、

「いや、あのぉ・・・初めて告白してくれました」

そんなにワクドキせんなぁ(あはは~)
本人が揺るぎなさ過ぎて、心の揺れがないから
見ているこっちも、どっしり落ち着いてしまう(笑)

「彼女」と言われて、この上ない幸せな笑顔になる副長。
きゃっわえええええええ~~~

でも、そこには「きゃっ」という驚きとかトキメキは感じられなくて
「当然」の二文字が画面に浮かんで来るのだ。

あはははは~

もうなんつうか、「揺るぎない」としかいいようないな

ああ~この揺るぎなさはどうよ
(しつこいですが(笑))

ここのツボは副長本人の様子よりも

「出た~~」
という周囲の方々の声と
「やっぱりそうだったの!?」
という中居くんの言葉。

これがツボ過ぎて笑ったあああ~


綱引きの副長はカコエエ~

縄を引っ張ってるときもそうだが
縄めがけて走っていく姿がカコエエ~

負けちゃったけど、2回目はあきらかに副長が入ってから盛り返したもんね

大玉ころがしのときに聞こえた

「はだしの方がいいんじゃないの」

という声になんか萌えた・・

ちらちら映る応援席の副長が
たまにシリアスな顔してんのもツボだった

並んで座る局長・副長

時に2人同じポーズをしていたり
時には副長が微笑みかけたりもしていて
それもツボだが・・・

かえってお互いに全然別の方向を見ているときの2人の方が
安定感が強く出てる気がする。
この並びの最強さを感じるのだ。

おさまりすぎててコワイくらいですのう(あはは~)


この絵面があまりにも見慣れた感があり過ぎて
なんだろ、この2人のこの「並んでいて当然」な感じは・・・

「必然」「当然」「自明の理」などの言葉が浮かんだ・・・
運動会なのに(笑)

スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3252-1011c5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top