06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

思い出の沈丁花

ジジババは元気だぁ 
普段から2人とはメールのやり取りはしているが、
こうして時間に追われずに話すのは久々だ…

まあ、次から次へと話す話す
2人ともマイペースだから、
話題がズレようが、
とんちんかんだろうが
そんなのはものともせずに
弾丸トークが同時に2人から来るのだ

負けた
いや、最初から勝負にならん(笑)
パワフルよのう
パワーが溢れている

夕飯には久々に三人で越乃寒梅を飲んだもんね

夕方、ふと庭を見たら春の香りがした。
沈丁花が咲いていたのだ。
 
ああ、この沈丁花
20年近く前にジジババが多摩へ来たとき、高幡不動の市でジジが買った一株の沈丁花じゃないかぁ
それが、こんなに大きくなっているのだ。

あの時は、高幡不動の出店で沈丁花の一株を買った父を見て、母と私が
「なんでこういうの買うの!?
こんな土のついた株をどうやって新幹線で持って行くのよぉー
もー!ったくう」
と父に文句言いまくったんだっけなぁ(笑)

その時の一株が、今はこんなにも育ち、春の香りを運んでくれている


moblog_acecb98a.jpg

あれからかなりの年月を経てきたんだなぁ…
あの時の父と母の顔が浮かんだ。
それは、まるで昨日のことのように鮮明だった。


スポンサーサイト

カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3246-4090ca90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top