01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ヒースクリフだぁ!!

こうしてパソコンを開くのも5日ぶり
まだ本調子の半分くらいなんで
キーボードを見ると若干めまいがするうう

なのにブロガー根性というかなんというか(苦笑)
昨夜のプレミアの巣窟でのヒースコウジを観たらやっぱアップしたくなってしまった。

嵐が丘紹介とポスター撮影映像、ヒースコウジコメント。
どれも新しいもので、特に撮影映像は、数秒だが、鬼の形相がまあ激萌え顔で
悶えましたあああ~


まず、嵐が丘コーナーへ行く前に、画面に「耕史」と出て
調べるんぞうさんが、こうじぃぃぃ~~って叫んでくれた
それも、2回!!
2回目の叫び方が1回目の「こ~~~ずぃぃ~~」と違い
もっと粘っこく「んんこぉぉぉ~~ずぃぃぃ~~」て叫んでた(笑)

p1.jpg

作品解説の後に出たポスター撮りのヒースコウジ
これがまあ、鬼の形相で趣味過ぎて悶えたあああ

p2.jpg

ぐぐっと目に力が入る感じがもうたまらん
観ていたらめまいがしてきたもんね
復讐の鬼だだあ~
きゃあきゃあきゃあ~

震えるほど趣味、ど真ん中キタ~~~

これがヒューイと同じ人間とは思えん!!
いつもいつも書いているが
「山本耕史複数説」を唱えたくなるもんね・・・

と、こんな風に復讐の鬼に悶えていたら
次に出てきたコメントヒースがあまりにも違い過ぎてもう(あはは)

扮装は同じなのに、役が入っている時といない時のこのギャップの大きさよ!!
なんかしゃべる時に口がちょっと尖がってて、カワエエのなんのって

p3.jpg

「復讐に燃える~みたいな、ね、
そういう役柄でもあるのでぇ~
あのぉ、なんかこう張りつめた緊張感みたいなものを
ずっと持ち続けて、スリリングな瞬間にしたいな~
なればいいな~っと思います」


「スリリングな瞬間」かぁ・・・
ええですのう\(~o~)/
コウジヤマモトの場合、いつも前もってコメントしていることの何倍も何十倍もすごいものを作り上げてくるからなぁ・・・
しかも、こっちが予想しているものの遙か上、しかも予想したものとは違うアプローチで劇的なものが生まれるから・・・

「スリリング」というのが、凡人の拙者が考える「スリリング」とはひと味もふた味も違うものになってくるんじゃないか~

あまのっちへのコウジコメント
「え~天野さん、お久しぶりです
久しぶりというか、この間の舞台を観に来てくれたというか
ま、香取くんとやったやつを観に来てくださって・・・
お仕事は、なかなか、あんまりたくさんしたことはないんですけども・・・
ま、ちょろちょろ顔を合わせて、あ、合わせさせていただいてぇ
あの、結婚もされて、今はシェイプアップもされているという
あの、シェイプアップの仕方はボクが教えますから
お料理をぜひ教えて下さい!
え~、天野さんもぜひ遊びに来てください
(嵐が丘を観に来てくださいって意味かな)」

スマイリー耕ちゃんだった。


そういえば、昨日、友から飛脚が来たのだ。

「これを観て早く元気になってください」

とあり、嵐が丘のフライヤーと振り子のチラシが入っていた!

ありがたいですのう

で、嵐が丘のフライヤー
ネットでは見ていたが、こうして紙媒体で見ると印象がかなり違うもんだ!
特に、ヒースの目のあたりが・・・

p4.jpg

p5.jpg


心の中の闇、葛藤、欲望、独占欲、劣等感、自己否定、敗北感、屈折
そして、はかり知れない憎しみをどう表現してくれるのか、本当に楽しみだ


計り知れない憎しみをどう表現するのか
はかりしれないにくしみをどう
はかりしれない、どう
はっかりしれない、どう
はっかり、どう
ハッカドゥ!!!!!!

あははは
何が何でも無理やりハッカドゥに持っていくの、やめなはれ(笑)
スポンサーサイト

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3197-c5405364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top