07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

プレミアトーク

飛脚がキマシタ~(嬉泣)

やっとやっとやっと
やっとこさゲットできた『ナビスマイル』

白井さんと耕史くんの対談

写真の素晴らしさはもちろんだったが
とにかく
もう
なんつうか

トークが読み応えあり過ぎて(感動)

内容がぜ~~~~んぶ舞台演劇の話!!
舞台に関することのみのトークなのだ~

趣味は!?とオフのこととか
ドラマ云々とか、
そういう話はなく、全編が舞台の話!!

そして、その内容が素晴らしくて~

白井さんの話しは、膝を打ったり目からうろこだったりで
膝を打ち過ぎて腫れた(嘘)

対する耕史くんの話も熱くて

とにかく、舞台に生きる2人だからこその話だらけ

全部ツボ!
全部膝打ち!

こんなに読み応えあるナビは初めてってくらい
ワタシの中のナビトークでは、今回はジョンキャメさま回と双璧だな

まさにトークの神回だ!!!!

何回読んでも飽きない
何回読んでもまた読みたくなる

LMT話を読んで
「ワタシはなんつうすばらしいものを観たんだろう」
とあらためて思った!


耕史くんは白井さんとの出会いから語っているのだが、
それがまんま、山本耕史という舞台役者の変遷語りとなっているのがツボだ~
今まであまり聞いたことがない話もあって
舞台役者としての積み重ねの過程が垣間見えた気がする~


「オトナの!」に出てきた「大っ嫌い」がまた出てきていて
しかも白井さんもそれが「大嫌い」だった(あはは)


ミュージカルをストプレととらえることができるようになったのも白井作品に出てからだったと・・・
彼の演じるミュージカルには
「台詞と歌の境目がない」
という比類のない魅力があるのだが
これはこの舞台経験が大きかったのでは・・・


とにかく全編全部が印象に残ったのだが・・・
特に「おお!」となったのは
白井さんの
「演出家というのは、一番目の観客の目であらなければならない」
という言葉!

素晴らし過ぎるうううう


演劇を愛する2人の熱いトークをもっと読んでみたいなぁ・・・

「芝居好きの人にはたまらないエッセンスがギュッとつまったプレミアトーク」
というナビさんの書いた今回の紹介文が、あまりにもドはまり過ぎて唸ったっすよ

まさにそう!
それだ、それ!

芝居好きにはたまらないプレミアトークだ、ホントに!!

待ったかいがあったなぁ

スポンサーサイト

カテゴリ: Lost Memory Theatre

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3118-ed43fbc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top