09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

プレイバック“新八反乱”

今朝のにじいろジーン

耕史くんとぐっさんの仲よしぶりがほっこり伝わってきて
相変わらずエエコンビやで

で、神楽坂では知ってるお店も出てきたし
赤が映えるイケメン耕ちゃんが素敵だったわけだが・・・

なんつうか、本編に入る前に萌えてしまった(何)

二人の出会いということで組!場面が出たわけだが

最初は第24話「避けては通れぬ道」からで
新見さんを罠にかける副長の場面

「あの法度、ある人物を体よく葬るためのものでした」

この副長の上目遣いがなんともいえないっすなぁ


で、次に出た場面が第30回「永倉新八、反乱」だった~

そりゃ、神楽坂散策が副長と永倉さんのコンビなんだから
出すならこの回なんだろうけど・・・

なんつうか

不意打ちだった~
この回は全編が副長激萌えの回なんだもんね

で、あの場面の副長が出て、もうメロメロなんすよ

あの場面というのは幹部会議の場面なのだ!

新しい編成をめぐって、副長に異を唱える永倉さん

火花バチバチで、最後は副長がキレて編成表を破くんだが・・・

にじいろジーンで出たのが

永倉さんが
「さらに聞くが、ここに山南さんの名前がないのはなぜだ」
というと
副長が
「これはあくまで命令の系統を図にしたものだ。
山南くんにはこれまでどおり相談役としてみんなの力になってもらう」
と言い返すシーンだった。

このあとに続くのがこれ
「自分たちの言いなりになる、訳のわからん連中を傍に置いて、
意見の異なるものを遠ざける。
そういう魂胆ではないのか?」
という永倉発言に
「訳のわからぬ怪しげな連中とは、我々のことですかぁ~!」
「失礼ではないか!」
と抗議する観柳斎と谷三十郎に向って
「おまえらは口を挟むな!」
って言う副長が激カコエエのだ~

一筋ぱらりの髪でもう、睨む顔も悔しそうな顔も
とにかく萌えるうううううう

会議だから「山南くん」「土方くん」呼びなのが、なんかシビレル~

あまりに不意打ちにこの場面が出てきて
メロメロしちゃって

ついつい、組!DVDを出して、見返してしまった、この場面を~

すると、やっぱその前の
「副長の発句集と総司と獅子おどし」
の場面も観てしまうわけで

さらにもっとさかのぼって
「かっちゃん、もっと喜べ」
の場面とか

さらにさらにさかのぼって
会津本陣での多摩トリオ紋付袴姿の場面を観てしまい

・・・

・・・・・

・・・・

結局

第30回「永倉新八、反乱」を

最初から最後まで観てしまったのだ~


頭が組!でいっぱいになってしまった・・・

あんなにちらっとだけで、どの場面かわかってしまう・・・
10年の月日が嘘のようじゃ~

スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3108-cb3269b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top