09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

寺林きゅん

寺林コウジくん、好きー(笑)
特に鬼リピしまくってたのは
寺林アパートの最後の対決シーン

どこをとっても趣味コウジ

ロッキングチェアが似合いますのう

いつものこまけークドい感想記事を書きたいのだが、新幹線の中スマホなので、ちょい記事しか書けないのが残念だぁ


姿もエエが、とにかく声がエエ
声だけ聞いてても萌える
しゃべり倒してるから、なおさら

「だが、その頭部が欠けてしまった」

の「だが」を聞くと、気持ちがサリエリさまへシフトするう
サリエリさま以来、コウジボイスで「だが」を聞くと、もれなくサリエリさまの残像がついてくる(ふふ)

「だが」だけが飛び抜けて、頭の中へ入ってくるのだ。

「だが」
と聞くと
「皮肉なことに素晴らしい音楽だ」
と、勝手に脳内再生が始まるのだー



「それですべて終わりだ!」

というときの目をむいた狂気の顔 

一瞬にして眼光鋭くなる
眼光が鋭くなると一瞬サムライになる

これが美味しいー

そして、このあたりからの狂気の顔で目をむくと、まばたきしなくなってくるから、頼たまを思い出す


コウジ美肌を見慣れているせいか、
「美しい」
という寺林セリフがぴんとこなかった。

そもそも、コウジヤマモトの美肌が奇跡なんだもんね、
男であんな美肌の持ち主は普通はありえないんだよね

完璧なフォルムというなら、
雅さまのぜんらーバックショットだなぁ 
血を吸って復活したあと出て行く時のぜんらーバックショット!
白塗りだから、よけいに彫刻っぽくてあのままルーブル美術館に展示したいくらいだった!
誰かメス型とっちくれー(笑)


格闘シーンを観ると、やたらめったら脚も手もながーい!
なんだか手足の長さを持て余してるような感じがするほど

暗がりなんだけど、長い手足が目立つのよね!

寺林コウジ、ほんとオイシイなぁ
スポンサーサイト

カテゴリ: 寺林

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3059-19b749b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top