07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

読売新聞北海道版

「読売新聞北海道版にトークの記事!!」
と、
コメント欄であき殿に教えていただきました。
あき殿はトークショーに参加されていて
その内容にも触れてくださってます!!

「会場にいた方が、いろいろ縁の地を巡った、という話を受けて、印象に残った場所はどこですか?と聞かれ、縁の地にいろいろ行ったが、新選組をあまりよく思っていない場所に行ったときとそうではない場所では歓迎ぶりに温度差があったので、逆にアンチ新選組の場所を巡るのも面白いかもとというようなこともおっさっていました」

「放送終了後10年たって、ここにまた来ていいのかな?という気持ちもあったが、会場にいる皆さんの土方さんへの愛も感じられ、150年たっても愛されている土方さんのように、自分もなれたらうれしい、というようなこともおっさってくれました」

などなど、貴重なトークの様子をコメントで書いてくださって感謝です。

あき殿、いつも蝦夷情報ありがとうございます
\(~o~)/

新聞記事はこれ

土方の魅力 五稜郭で俳優が語る

写真はこちら

いいなぁ
このお二人がツーショットだなんて・・

すかす、写真を見て

友のレポでの
「本日の耕史くんの出で立ちはほぼメンフィス」
って言うのがあまりに的を得ているのがわかって笑った(あはは)

ほぼメンフィス(笑)
ま、インナーが違うと、少し印象も変わってますが・・・

栗塚さんの微笑みが素敵だなぁ

愛しき友は
「いつもはポワーっと聞いていて、あとでレクさんのレポなど読んで、ああ、そうだったと反芻してるんだけど、今回は使命を持って気合を入れて聴き、必死にメモを取ったんで肝心の耕史くんの表情は見た記憶がないよぉ~」
と・・・。

友よ、スマン、「託す」と言ってプレッシャーをかけてしまったm(__)m
友によけいな重荷を背負わせちまっんじゃないか・・・

気分は組!の流山の副長っすお

「あんたはどうだったんだよ。
あんたを悩ませてばかりいたような気がする。
新選組を作って、俺はよけいな重荷を与えちまったんじゃねぇかって」
(第48話流山より)

でも、友はこう言ってくれた

「いつもはぽあーんとして、あまり覚えていなくて
仲間に言われてえっそうだったのかと思うことが多いので
今回、やればできるってことがわかって収穫だったよ」

ありがと~~~(ToT)

「いい人だ」(by 殿内さん)

・・・

・・・・・・・・・

・・・・・


こんな風になんでもかんでも組!台詞で思いを表現してます、
今も変わらず(笑)

スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

恐縮です・・・

新聞のことだけでなく、私の拙いレポまで載せていただいて、ほんとうに恐縮です。

必死にメモを取り、正確に耕史くんの言葉を伝えようとし、耕史くんの顔もまともに見られなかったご友人には申し訳ありません。その方たちのおかげで、私もまたあの場の空気を正確に思い出すことができます。
レク様はすばらしい組!友をたくさんお持ちでうらやましいです。
ワタスも組!友がもっとたくさんできればな~
(なかなか、お互いファンだとい口に出せないものなんですよね・・・)

雪の五稜郭は本当に美しい姿ですよ~。
何度見てもいいです。
本当は・・・
碧血碑→副長の最期の碑→奉行所→雪の五稜郭全貌
のフルコースでトークに臨もうと思っていたのですが、トークに全精力をかけてしまったので(笑)むりでした。

次はぜひ!



URL | あき #-
2014/12/09 09:18 * 編集 *

いえいえ

あき殿

トークの前に碧血碑に行かれただけで
さすがです!!!!!!
離れていますもん。
でも函館にいるなら必ず足を運びたい場所ですよね。

ワタシはメモをとったことがほとんどないので、メモを取りつつのトークはたいへんでしょうなぁ・・・
せいぜい終わってすぐにキーワードを書き留めておくぐらいです。
レポを書くときは頭が真っ白なことが多くて、ほとんど覚えていない感じなんですが、このキーワードを元に書き始めると書いている最中に次々に思い出してくるんですよね~
記憶のあいまいなところや、すっぽり抜けているところは仲間内で助けてもらってますが・・・
「始まりは8人」、ならぬ「始まりはひとり」でしたが、いろんなきっかけや偶然やらで組!友が何人かできてきました。
ブログをやっていることも大きかったと思いまする。
ワタシの仲間は、
副長愛、組愛、旧幕軍派、そして組!愛、山本副長愛
これが基本であとは趣味も生き方もバラバラです。

ネット上とはいえ、こうしていつも拙宅を読んでくださるあき殿も、この基本が固いお方だから仲間だと勝手に思っています。
URL | レクイエム0511 #ofxKis3k
2014/12/10 07:47 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3051-3eb9f8b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top