06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

魂の音楽

もう止まらん

「俺は鬼になった」(by 局長)

昨夜からコウジThe Music of My Soul を
鬼リピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピリピ・・・・・

スマホに入れて、寝るまで、いや寝てても(あはは)
イヤホンで聴きまくってぇぇぇ~~
今も、出勤前なのに鬼リピ続行おおおおお~

オリジナルCDを毎日聴いていたんで,
始めは歌詞に違和感があり過ぎたんだが・・・

when I was youngboyが「ガキの頃いつも」でも
Music of my soul が「魂の音楽を」になってても
全然違和感なくなった!

いや、むしろ「ガキの頃いつも」がいいとさえ思えてきた・・・

ここがスタートなんだよなぁ
まだこれからなんだよなぁ

まだまだ「ソウル風な歌い方」っていう段階かもしれないけど
きっと、舞台が始まってしばらくしてから会見のThe Music of My Soulを聴きなおしたなら
「この時はまだあっさりしとったなぁ」
などと思うに違いない

ってことは、今のこれが進化して自分のものにした時はどんだけ~~~

The Music of My Soulがヒューイとして染み込んで、
本当に体中から湧き上がったソウルビートで
彼にとって「魂の音楽」そのものになった時には
いったいどんなになっているんだろう・・・

想像つかん・・・

今のThe Music of My Soulでも十分に震えてんのに・・・

♪ガキの頃いつも~
♪オヤジに言われた~

のオヤジの「オ」が「オ」じゃなくて
ホウオオヤジに」
になっているところとか

♪街のこのあたりには~~

の「には」が「にぃは」になっていて
しかもの一音じゃなくて
「にぃは」の「ぃ」が微妙に低い音になっているところとか(こまけえ)

いちばん「おおっ」と思ったのは

♪読み書きさえ教えないぃぃ~でぇえええ~~

の「でぇえええ~」の最後の「え~」の音が
3段階に分けて上がっていって歌い放つ感じ
(どう書いたらいいかわからんですが(^^;))

こういうのはコウジボイスでは初めて聴いた!

これが、まあカコイイ~~~
こういう歌い上げが様になる舞台役者はそうはおらんです。


こんな風に、ウザこまけえ感想をもっともっと書きたくなる

ああ、また聴いてしまう、♪魂の音楽を

でも、仕事仕事

ハッカドゥ~~~!!!!!!!!
スポンサーサイト

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/3025-18356812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top