FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.11.11 (Tue)

本願寺史料研究所公開講座(3)

その後、嘆願から交渉へと進む副長

その交渉の様子について大喜さんは
「普通、交渉事というのは相手に弱みを見せないですよね。
でも土方はこんなに弱っているからなんとかしてください
と弱みを相手にそのまま見せている。
これはかなり切羽詰っていたからってことでもありますが
阿弥陀堂を貸してくださいと無理な要求をしているんですよね」

「阿弥陀堂は絶対に無理だとわかっているのにそう言っている!
これは最後のカードを切ったと言えるのでは・・・
阿弥陀堂を貸すなんてことは絶対ないと知ったうえで言っているんです。
土方にとって阿弥陀堂が最後のカードだったのではないかと・・・」

絶対に無理な要求を出せば、相手はうろたえて
「それは困るからじゃあこちらは」
と妥協案を出してくる
そこが狙いだったのではないか・・・と。

阿弥陀堂に隊士が入るなんて寺側にとってはとんでもないことで
絶対にありえないことだから・・・

弱みを見せて頭を下げつつ、絶対に無理な要求を出して相手をビビらせる

これが土方歳三だ!!

レポというより、私情かなり入ってますけど(あはは)


で、妥協案はこうなった!

今使っている北集会所の外陣に加えて、内陣と(その後ろにある廊下のようなところ)後堂にも畳を敷いて使っていいですから~
あと、南北の壁も取り払って風通しも良くしますから~

(内陣って本来は一般人が入れない空間で
本尊が祭ってある場所らしいです。
この時本尊はどこか別の場所に移しただろうけど)

それまでは外陣のみの使用だったのが、北集会所まるごとすっぽり手に入れたようなもんですな

1415688251399_20141111185417c9f.jpg

こんな風に寺側がすぐに対処してくれたんで、副長が礼状を書いて渡したということになったんですな・・・

副長、ホントにすげ~なぁ

弱みを見せて頭を下げて嘆願し

絶対に無理な要求をつきつけ

相手が妥協案を出して対処してくれたら

ていねいなお礼状を送る

交渉のプロじゃ~
引いたり押したりが絶妙で
見事に結果を出している

これが土方歳三だっ!!!(しつこい(笑))



また、大喜さんは
「屯所の移転先に西本願寺を選んだのは、
“西本願寺が長州寄りだったから
にらみを効かせるため”
というのが通説だが、これだけではなかったと思うのです」
とおっしゃっていました。

当時は蛤御門の変で京都の町がかなり焼けていて
東本願寺も内部が焼失してまだまだだし・・・
病人もかかえて長距離移動もたいへんだし・・・
壬生から近くて200人ほどの大人数を収容できる施設を持っているのは
西本願寺だけだったからではないか
・・・と。

なるほどなぁ・・・

いや~
本当に楽しくて熱い語りで、貴重なお話がいっぱい聞けました!

余談ですが、組!撮影時には西本願寺に平助と伊東甲子太郎が来たので、大喜さんが2人にいろいろ説明されたそうです。

そして、この講座を拝聴した築地本願寺ご本尊の阿弥陀如来像は
関東大震災で焼失した折に函館の別院から寄贈されたものだそうな

函館!!!!!!!


西本願寺にはおよそ2万冊の日記があり、解読をしていけばまだまだ新資料が出てくる可能性もあるとのことでした。
また速報で大発見が出たらいいなぁ~


以上、本願寺講座ミニレポでした。

レポと言っても、講師の方の言葉は正確じゃないし、かなり私情が入ってますので
そこんとこヨロシクですm(__)m



スポンサーサイト



19:20  |  ・新選組  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★うらやましい~

しばらく、記事のアップがなかったんで、どこかお加減でもお悪いのかと心配していました。
それは、この怒涛のアップのためだったんですね。
じっくり拝読いたしました。
築地本願寺のご本尊が函館から贈られたものだったなんて、不覚にも知りませんでした。まだまだ知らないことがいっぱいですね~
レク様の記事は本当に勉強になります。
こんな貴重な講座に参加できたレク様がうらやましいぃ。


あき |  2014.11.12(Wed) 22:15 |  URL |  【コメント編集】

★ありがとうございます

あき殿

レポを読んでいただき、ありがとうございます。
いえいえ、勉強になるなんてとんでもない!
かなり私情の入ってますし、ミーハー根性いっぱいのレポですから
いつもですけど(あはは)
京都レポも読んでいただければ嬉しいです。
めっちゃ長いレポですが(^^;

函館という地名だけで激しく反応してしまいます!
ワタシだけでなく、周りの方々もけっこう反応していました(笑)
これからもこうした機会があれば参加していきたいです。
レクイエム0511 |  2014.11.15(Sat) 07:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2991-7cb62f35

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |