07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

本願寺史料研究所公開講座(1)

築地本願寺へ行ってきました~

1415686905018.jpg


築地本願寺で「本願寺史料研究所公開講座」があり、 
西本願寺の例の大発見の資料解説が聞けましたー(嬉涙)

大発見に関する拙宅の記事は こちら

第一部から拝聴させていただきましたが
やはり目当ての第二部になったらテンション上がった~

1415686920121.jpg

1415686927882.jpg


ってことで、第二部のミニレポです


「新選組 土方歳三のゆ・う・う・つ―新発見史料から―」

あの発見された資料の実物がガラスケースに展示してあり
こちらの記事写真の本物を見ることができたのだ~
(資料等は撮影禁止でした)

会場はほぼ満席で、
土方資料館などでよくお見かけする方や
久々に会った副長友だちもいたし
組!の時代考証を担当された山村竜也さんのお姿もあった。

こういう講座は京都(西本願寺)で今までやってきたもので
東京(築地本願寺)での公開講座は初めてとのことだった。

本願寺史料研究所上級研究員である大喜直彦さんの語りは
時には笑いも入れながら熱く勢いのある語りで本当に楽しめた!!

「そして土方は!」
「土方は!土方は!土方は!」
「その時土方が土方が土方が!!」

と、とにかく土方連呼がすごかったぁ~(笑)

講義の間に「土方は!」って何十回おっさったんだろう・・・
怒涛の「土方は!」連呼(あはは)


「新選組ってあまりいい印象はなく
(個人の印象というより西本願寺としての印象)
はっきり言って好きじゃなかったんですが
(客席は中くらいの笑い)
資料発見であんなにマスコミで取り上げてくれたり
公開講座でこんなにたくさんの方々がきてくださったりで
今は好きになりました」
(客席爆笑)
「(屯所として使った本堂は)
今は姫路の亀山本徳寺にあるんですが・・・
今こっちに(西本願寺)にあればなぁ~
亀山本徳寺にあげるんじゃなかったなぁ~」
(また爆笑)

・・・などなど、こんな風に随所に笑い起きて
和やかで楽しい雰囲気の、
そしてハイテンションの講義だった。

参加者に配られた資料プリント等はこれ

1415741493734-2.jpg

141574149373455.jpg

配布された資料には1865年に書かれた覚書や「諸日記」の原文とその現代語文が載っていた。
・新選組へ北集会所を貸すことになった際の注意事項や
・新選組からの500両の拝借願いに対する対処の詳細や
・副長の嘆願内容、礼状の写し
・さらには本願寺駐屯期間の年表
・・・などがあって、この配布された資料だけでも貴重過ぎて、
もう、もう、感激で・・・(嬉涙)

副長の書状は、受け取った西本願寺側がその書状を書き写したもので
副長直筆ではないが、でもその当時のものなのだ~
新選組が屯所として駐留していたまさにその日々に書かれた日記!!

日記といっても毎日書いていたのではなく、それぞれの部署の担当が何日分かまとめて書いていたものだそうだ。


講義はまず屯所として使った西本願寺の北集会所や太鼓楼についての説明があり
境内のどのあたりに屯所があったのか、
どんな規模だったのか
・・・など、具体的にいろいろと解説があった。

拙者、ちょうど9月に西本願寺と亀山本徳寺に行ったばかりなんで
実際にあの場所か~あの風景か~
とすぐ目に浮かぶのが嬉しかったっす。


現在の西本願寺境内図はこちら

北集会所は阿弥陀堂の北側にあったらしい

屯所だった当時の記録資料はないが
明治10年には島田がここで警備していたという記録がある太鼓楼
(太鼓楼の写真は9月に自分で撮影したものです)
DSCN2274.jpg



そして次に講座では

副長の書状についての解釈と
その書状(西本願寺への礼状)を出すに至ったいきさつ
副長の必死の嘆願の内容とその時の組の危機的状況
「新選組」という組織を守ろうとする土方歳三の手腕

などが、本当に熱く語られていったのだった。

スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/2989-4e6d7937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top